入学や卒業、就職や転職、結婚や離婚、受験競争、成果主義、国際競争、少子高齢化、SNS疲れ、自然災害、新型コロナウィルスを初めとした感染症への不安、政情不安──現代社会は子供から高齢者まで、様々なストレスとの共生が当然のようになっています。
ストレスと上手に付き合えているのなら、それは人の成長を促すなど必ずしも悪いものではありません。しかし、大きなストレス相手に苦痛な毎日を送っているようでしたら、それに押しつぶされてしまう前に対処が必要です。

ストレスケア・プログラム(心理カウンセリング)

ストレスケア・プログラムとは

ストレスケア・プログラムは、日々のストレスを抱える方に、心理カウンセリング(心理面接)を通じてストレスとの上手な付き合い方を身につけていただく心理的支援プログラムです。
当院の心理カウンセリングでは、心理カウンセラー(臨床心理士・公認心理師)が専門的手法によって、クライエント(心理カウンセリング利用者)のストレスケアに必要と考えられる心理学的援助を行います。
心理カウンセリングは、クライエントの心理的な課題に加えて、身体的な状態、社会的な環境など様々な要素を考慮しながら、多くの場合は定期的に行います。

適応

当院では、次のような方に心理カウンセリングをおすすめしています。

  • 自分の性格や将来についてお悩みの方
  • 職場や学校でのストレスにお悩みの方
  • 家庭や育児のストレスにお悩みの方
  • 恋愛や友だち関係のストレスにお悩みの方
  • その他、人間関係のストレスなどにお悩みの方

上記以外にも、ストレスでお悩みの方はお気軽にご相談ください。

初診について

カウンセリングを受けようと考えるほど苦しいストレスを抱えている場合、自覚がなくともすでにうつ病などを発症している可能性があります。
心理カウンセリングのみをご希望されている場合でも、プログラム開始前には必ず医師が診察を行います。医師により適切な治療が必要であると判断された場合など、心理カウンセリングのみを受けることができない場合があります(なお、当院では薬物治療は行っておりません)。

料金

心理カウンセリング(30分)

1回…8,800(税込)

6回…49,500(税込)

12回…92,400(税込)

当院は自由診療(保険適用外)となっており、全額自己負担となります。

よくある質問

認知行動療法をやっていますか?
専門では行っておりません。必要に応じて、認知行動療法と同様のカウンセリングを行う場合はあります。当院の心理カウンセリングでは、臨床心理的学的な理論に基づき、包括的、臨機応変にストレスケアのためのカウンセリングを行います。
心理カウンセリングだけを受けられますか?
はい。ただし、心理カウンセリングのみをご希望されている場合でも、プログラム開始前には必ず医師が診察を行います。医師により適切な治療が必要であると判断された場合など、心理カウンセリングのみを受けることができない場合があります(なお、当院では薬物治療は行っておりません)。
英語や中国語での対応は可能ですか?
いいえ。申し訳ありませんが、ストレスケア・プログラムはクライエントご本人が日本語で会話できることが前提のプランとなっています。

未成年・保護者の方へ