QEEG(定量的脳波:キュウイーイージー)とは

QEEG(定量的脳波:キュウイーイージー)とは

脳が活動すると、脳内に微弱な電気が流れます。その電気を電極でとらえ、波形として記録するのが脳波(EEG)検査です。
QEEG(定量的脳波)とは、脳波をデジタル信号に変換して定量化し、さらに複雑な数学的解析を加えることによって脳マッピングとして可視化する技術です。
得られたデータをデータベースと比較することで、統計的な脳の特性を調べることができます。
欧米では近年、ADHDや自閉スペクトラム症などの発達障害、うつ病、不安障害、不眠症、耳鳴りなど、様々な精神疾患のバイオマーカーとしての研究が増加しています。

使用する脳波計

使用する脳波計

電極を付けるためのジェルを使わないドライ電極型脳波計です。
ワイヤレスのためコードも無いタイプです。
ジェルを使わないので検査後に洗髪の必要はありません。

使用するデータベース

2008年から2014年の間に記録された安静時EEGで構成されています。
閉眼時1482件・開眼時1231件のデータがあります。生のEEGがサービスポータルにアップロードされると、アーティファクト拒否アルゴリズム(SARA)を使用して自動的にアーティファクトが解除されます。
このデータベースに基づいて統計的分析を行います。

当院におけるQEEGの位置づけ

当院では、ADHDの特徴とされている前頭から頭頂にかけての中央部におけるシータ/ベータ比(TBR)に着目します。ADHDでは同部位のシータ/ベータ比が高いことが挙げられており、シータ波が多いことが脳の低覚醒を表しているという説があります。
QEEGの結果は脳の特徴として捉え、実際に患者がADHDであるかは、問診等の結果を総合的に診断します。
QEEG検査は、当院では12歳(中学生)以上でしたらどなたでも受けることができます。

QEEG検査を受ける際の注意事項

QEEG検査を受ける際には下記の点をこ理解ください。

  • 1. 脳の特徴を捉える検査ですので、精神疾患を確定する検査ではありません。
  • 2. 必ず医師の問診と合わせて検査をしていただきます。
  • 3. 稀に計測不良で判定が困難な場合があります。
  • 4. 頭に検査機器を装醤しますので、整髪料はつけないでこ来院ください。
    整髪料がついている場合は、検査が受けられませんので、こ注意ください。
  • 5. 当院は自由診療になりますので、検査は保険適用外になります。
  • 6. 検査結果は基本的に当日お渡ししますが、遅い時間の検査やデータ解析に時間がかかる場合は、後日になることもございます。
  • 7. かつら(ウィッグ)・エクステ・ヘアピン・ネット等の頭部装身具は検査前にはずしてくださいますようお願いします。はずせない場合は、検査を受けられません。
  • 8. 強いパーマがかかっている場合、検査ができないことがあります。

QEEG検査の方法

QEEG検査は医師の指示のもと、専門のスタッフが行っています。
個室で行いますので、リラックスしてお受けいただけます。

検査手順

  1. 機器の装着

    機器の装着に5分~10分かかります。

  2. 測定

    イスに座り、開眼した状態での安静時EEG(何も刺激を与えないでじっとしている状態)を6分間測定します。

  3. 検査結果

    解析に時間がかかるため、検査結果が出るまでには1時間程度かかります。

品川本院のみの検査です。

検査費用:18,000円(税込)

※この検査は光トポグラフィー検査も同日に行う検査となります。
どちらかのみを選択することはできません。検査費用には光トポグラフィー検査料も含まれます。

未成年・保護者の方へ