ご家族やパートナーの気づき

ご家族の対応

ご家族の対応

大切なご家族やパートナーの変化に、身近なあなたがなるべく早く気づくことが大切です。ではその変化を見逃さないためには、どのようにしたら良いのでしょうか。
日常生活において少しずつ変化は表れますので、ポイントを紹介いたします。

  1. 第1段階日常生活における変化(パフォーマンスの低下)
    日常生活における変化(パフォーマンスの低下)

    日々の変化は身近にいても分かりづらいですが、少しずつパフォーマンスが落ちていきます。パフォーマンスというのは、日常の活動(たとえば、掃除にかかる時間、歩くスピードなど)すべてにわたる能力や行動のことです。なんとなくいつもの自分と違っていると思いながら気のせいだと判断して、本人は自分が病気であることにはまだ気づいていません。

    この時期には、よく眠れないという症状があります。

    • ・寝つきが悪くなる(入眠困難)
    • ・夜中に何度も目が覚める(中途覚醒)
    • ・明け方に早く目が覚める(早朝覚醒)

    のいずれかがみられます

    また、いやな夢を見ることもあります。
    現実的なものでは、職場で上司から叱責されている夢、あるいは誰かに自分が追い詰められたり、死骸などが体に降りかかるといった、非現実的でにおいや感触も伴った夢であったりします。さらに、昼間、突然ストンと眠りこけてしまう。大事な会議の時にでも、我慢できずに寝てしまうということもよくあります。

  2. 第2段階身体症状の変化(黄信号)
    うつ病により食欲不振が起きることがあります

    徐々に症状が悪くなっていくと、外から見ても分かりやすい変化が身体にみられます。例えば、うつ病になると2~3ヶ月で4~5キロ痩せてしまいます。原因は食欲不振です。食欲がない、食べるのが面倒臭いという症状や、微熱も多く見られる症状のひとつです。

    うつ病の原因は、うつ病になりやすい体質の人が、さまざまなストレスを感じ、脳内のストレス制御機構に不均衡を起こすことにあります。自律神経の状態が変化して、常に神経が緊張をしている、交感神経優位な状態になります。そのために体温が上昇することが多いのです。

    さらに、体のあちこちに痛みを感じます。最も多いのは頭痛といわれています。
    前頭部の違和感や、頭の中を押さえつけられるような感覚、偏頭痛タイプ、肩・首、後頭部とつながるような痛さ。歯を磨こうとすると、吐き気やめまいも起こるようになります。平衡感覚がなくなり、壁や物にぶつかったり、よろけたり、転んだり、けがをしやすくなります。

    また、体の重さ、疲れやすさを強く意識し、とくに朝の体のだるさ、布団から起きられないといった症状がみられます。このような朝調子が悪く、午後から調子が上がるといううつ病独特の変化を「日内変動」といいます。

    うつ病により、天候による影響もあるといわれています

    そして、天候による影響もあるといわれています。
    特に気圧が下がることで脳内のストレス制御機構へストレスが加わり、うつ状態を悪化させます。雨の日、天候が崩れるような日、台風などによる気象の変化をいち早く感じるようです。

    身近なあなたは、症状を気にかけてあげて、身体に負担をかけないようにサポートしてあげましょう。

  3. 第3段階精神症状の変化(赤信号)
    うつ病により脳の機能が低下すると、注意力・集中力が低下します

    うつ病は、脳の機能が低下することにより起こる病気です。脳の機能が低下すると注意力・集中力が低下します。気持ちが落ち込むといった感情の変化よりも先に物忘れをするといった認知機能が低下するようです。例えば、「本や雑誌など同じところを何度も読んでしまい、物語の筋が追えない」「いつも会っている人の名前が思い出せない」「言葉がうまく喋れない」「固有名詞が出てこない」など、日常の会話での違和感を覚えるようになります。

    また、記憶の中枢として知られる脳内の海馬などの機能低下が起こり、アルツハイマー病のように、一時的に記憶力の障害が目立つこともあります。

    さらに、感情も次第に乏しくなっていきます。趣味や関心ごとにもさっぱり楽しみを感じられない、何を見ても、聞いても感情がわかなくなります。例えば「バラエティー番組を見ても楽しいと思わない」「テレビを見るのも億劫」「音楽が耳障り」など日常生活が楽しくなくなります。早期には感情が異常に過敏になることもあります。急に怒り出したり、暴言を吐いたりしてしまいます。そうした行動をしてしまってから、なぜ自分が制御できない行動をしてしまったのか不思議がることも多くみられます。

    身近なあなたができる限り親身に寄り添ってあげることが重要です

    第3段階までくると本人はとてもつらい状況です。身近なあなたができる限り親身に寄り添ってあげることが重要です。精神科・心療内科にて診察を受けることを検討しましょう。

今までとは違う「小さな変化」に気づき、早期に対応することにより回復も良好となります。当院では、ご家族やパートナーの方からのうつ相談も行っております。
ご本人が今はクリニックへ行きたくないという場合は、まずはご家族やパートナーの方からのご相談に応じています。ぜひお気軽にご相談ください。