他の医療機関と連携しています

新宿ストレスクリニックは、患者様のうつ病治療をより効果的に行うため、他の医療機関と連携しながら磁気刺激治療(TMS)を行ってまいります。主治医の先生と連携を図り、患者様に適した治療をご提案させていただきます。

主治医の先生と連携を図り、患者様に適した治療をご提案させていただきます

患者様ご紹介について

当院では、うつ病の診断補助として「光トポグラフィー検査」を導入し、うつ病に対する「磁気刺激治療(TMS)」を行っています。
当院では病診連携、診療連携を積極的に行い、病院・診療所を問わず、ご紹介患者様を受け入れています。

貴院治療と磁気刺激治療(TMS)は並行して行えます

貴院に通院しながら磁気刺激治療(TMS)が可能ですので、磁気刺激治療(TMS)のために貴院通院を中断する必要はありません。患者様の状態につきましては、診療情報提供書でお知らせいたします。

ご紹介状について

患者様の経過や処方している薬剤名をご記入ください。

磁気刺激治療(TMS)の機器について

当院で使用している磁気刺激(TMS)機器の作用機序やスペックについては、個別にお問い合わせください。海外文献や当院での治療成績などをご案内させていただきます。

光トポグラフィー検査(NIRS)について

当院で導入しているNIRS(光トポグラフィー検査)は日立製作所社製ETG-4100P・ETG-oneになります。鑑別診断補助として使用しています。
参考文献はこちら

施設見学のご案内について

当院では、医療関係者の皆様の施設見学を随時受け付けています。お気軽にお問い合わせください。

医療関係者様のお問い合わせ
当院への施設見学や病診連携・診療連携については、下記よりお問い合わせください。

医療法人社団翔友会
担当:石田、伊海[いかい]まで
TEL:03-6433-2225 (平日9時~18時)
E-mail:mental@shinagawa.com