ご自身の症状を調べてみましょう

最近2週間のご自身を振り返って次のような症状があるか、
「はい」か「いいえ」でお答えください。

以下の症状が2週間以上続いている場合が受診の目安とお考えください。

※世界保健機構(WHO)がつくった国際疾病分類(ICD-10)によるうつ病の診断基準があります。

  1. 1日中憂うつな気分が続いている

  2. 何に対しても興味や喜びが持てない

  3. 疲れやすくやる気がおきない

  4. 集中力、注意力が低下している

  5. 自分には価値がないと感じ、自信を喪失している

  6. 自分が悪い、自分の責任だと罪の意識を感じる

  7. 将来に希望が持てず、悲観的な気分である

  8. 自殺を考えることがある

  9. 夜寝付けない、夜中に目が覚める、朝早く目が覚める、寝過ぎてしまう

  10. 食欲低下(または増加)している

結果0

3つ以上「はい」がある場合は専門機関へのご相談をお勧めしております。

特に「01」「02」の2項目が2週間以上続いている場合はお早めに検査を受けてください。

うつ病を発症すると、仕事や家事、家業など生活に支障をきたすようになり、我慢し続けた分、回復にも時間がかかります。早期発見・早期治療することでお早めにうつ病を治すことができます。

自分は本当にうつ病なのか?ストレスがたまっているだけ?

まず、ご自身の状態を知るために、精神科・心療内科を受診することをお勧めします。当院ではグラフデータで状態を知ることができる「光トポグラフィー検査」や、薬を使わないストレス・うつ病治療「磁気刺激治療(TMS)」を行っています。不安やお悩みを、どうぞお気軽にご相談ください。