HSPうつの自己診断

30秒で簡単チェック!
HSP?うつ病?まずは確認してみよう

HSPは病気ではありません。しかし、似たような症状が表れるHSPとうつ病。
HSPなの?それともうつ病も発症しているの?
ご自身を振り返って、質問内容のような状態がみられるか
「はい」か「いいえ」でお答えください。

START

※HSPうつとは、HSPによるストレスが溜まることで発症したうつ症状の俗称です 監修:新宿ストレスクリニック 本 将昂医師

大きな音や雑然とした光景など強い刺激が不快で、わずらわしいと感じる

忙しい日々が続くと、暗い部屋やベッドなどのプライバシーを守れる場所に逃げ込みたくなる

他人の気分に左右される

短時間にしなければならないことが多いと、気が動転してしまう(オロオロするなど)

生活や環境に変化があると混乱する

子供のころ、親や教師から「内気だ」や「敏感だ」と見られていた

音楽や美術、芸術に深く感動する

繊細な香りや味、音や音楽が好き

一度にたくさんのことを頼まれるとイライラする

ビクッとしやすい

最近、睡眠不足や睡眠過多である

一日中憂鬱な気分が続く

元々、興味のあった事に興味を持てなくなってきた

自殺を考えてしまうことがある

※HSPうつとは、HSPによるストレスが溜まることで発症したうつ症状の俗称です 監修:新宿ストレスクリニック 本 将昂医師

HSPではないでしょう

「いいえ」が全ての回答の方は、HSPではないようです。

【診断結果】
HSPと思われます

HSPが強い傾向にあります。
HSPは病気ではありませんので、自分の個性として上手に付き合っていきましょう。
もし、HSPでストレスを抱えることが多くなったら、
うつ病を発症する確率が高いことを知っておきましょう。

【診断結果】
HSPの可能性は低く、ストレスによるうつ病の可能性があります

うつ病を発症している可能性があります。
うつ病を発症してしまうと、ご自身で改善することは難しいので、
一度心療内科や精神科を受診することをお勧めします。
当院では初診は無料ですので、お気軽にご相談ください。

【診断結果】
HSPによるストレスが溜まっているようです

HSPが強い傾向にあります。
さらにHSPによるストレスが溜まっているようです。
一人で我慢しないで、身近なご家族や信頼のできる人に相談してみましょう。
ストレスが溜まり続けると、うつ病を発症してしまいますので、
なるべくストレスを溜めないようにHSPと上手に付き合っていきましょう。

【診断結果】
HSPによるうつ病の可能性があります

HSPが強い傾向にあります。
精神的に辛い状況かと思いますので、1人で抱え込まず、お早めに心療内科や精神科に相談しましょう。
うつ病を発症してしまうと、ご自身で改善することは難しいので、
医師に相談した上で治療を検討することをお勧めします。
当院では初診は無料ですので、お気軽にご相談ください。

【診断結果】
HSPによるうつ病の可能性が高く、受診をお勧めします

HSPが強い傾向にあります。
HSPによるうつ病の可能性が高く、すぐに心療内科や精神科に相談することをお勧めします。
とても精神的にも肉体的には辛い状況かと思いますが、うつ病が改善すれば、
今の辛い状態は必ず改善しますので、医師に相談した上で治療を検討することをお勧めします。
当院では初診は無料ですので、お気軽にご相談ください。

※HSPうつとは、HSPによるストレスが溜まることで発症したうつ症状の俗称です 監修:新宿ストレスクリニック 本 将昂医師