法人のみなさまへ
メンタルヘルス不調により、従業員のみなさまがうつ病などにかからないために、メンタルヘルスに対する理解と積極的な取り組みが必要です。

企業のメンタルヘルス対策の現状

近年、労働者のストレスは増える傾向にあり、仕事に対して強い不安やストレスを感じている労働者の割合が平成29年は約58.3%という状況にあります。
また、メンタルヘルス対策に取り組んでいる企業の割合が58.4%で、約6割の企業がメンタルヘルス対策に取り組んでいることが分かりました。

メンタルヘルス対策に取り組んでいる
事業所割合の推移(事業所計=100%)

メンタルヘルス対策に取り組んでいる事業所割合の推移

平成29年 労働安全衛生調査(実態調査) 結果の概況

ストレスとうつ病の関係

ストレスとうつ病の関係

経済、産業構造が変化する中で、仕事や職場生活に関する強い不安、悩み、ストレスを感じている労働者の割合が高くなっています。
平成29年調査の強いストレスの主な内容をみると、「仕事の質・量」が62.6%[平成28年調査53.8%]と最も多く、次いで「仕事の失敗、責任の発生等」が34.8%[同38.5%]、「対人関係(セクハラ・パワハラを含む。)」が30.6%[同30.5%]となっています。
「いい仕事をするのに、多少のストレスは必要」と言われるように、新しい課題に挑戦し、それを乗り越える経験は人を成長させ、また職場の活性化にもつながります。
しかし、仕事のしにくさからくるストレスは疲労感を増大させ、達成感もなく、従業員の健康問題だけではなく、生産性の低下や事故にもつながり兼ねません。
また、ストレスによる負荷がかかりすぎると、より深刻な状況となり、うつ病を発症する可能性が高くなります。うつ病を発症する前に、従業員のメンタルヘルス対策を企業として積極的に行っていきましょう。

ストレスチェック制度の実施割合

ストレスチェック制度の義務化以降、平成29年6月末の時点で、対象となる企業の82.9%がストレスチェックを実施し、労働基準監督署に実施報告書を提出しています。
ストレスチェックが義務化されたことにより、メンタルヘルス対策を独自に始めている企業も増えつつあります。

企業規模 50~99人 100~299人 300~999人 1000人以上
ストレスチェック制度を
実施した企業の割合
78.9% 86.0% 93.0% 99.5% 82.9%

厚生労働省労働衛生課調べ(平成29年7月)

また、ストレスチェックの結果、一定の基準を超えるストレスを抱えた状態にあるとみなされた従業員は「高ストレス者」とみなされ、医師によって心身の健康状態を問診されなければなりません。
「高ストレス者」に対して面接指導の機会提供は企業の義務となっています。
そして、心理的な負担の状況や抑うつ傾向などについて評価を行うとともに、ストレス要因が業務に支障をきたすものであるかどうかを判定します。

高ストレス者のメンタルヘルス対策

ストレスチェックで「高ストレス者」と判定された従業員の方に対して、ご本人の希望に応じて、当院では検査・治療をご案内しています。
人は主に心理的、社会的なストレスが強いとされています。当院では対人関係や労働環境などで疲弊した「脳」の機能を改善させることでストレス状態を軽減させる「磁気刺激治療(TMS)」を行っています。高ストレス状態のまま放置しておくと、心身に様々な悪影響が出て、仕事ができなくなったり、うつ病などにつながったりするので、早期治療・改善に取り組むことが大切です。

光トポグラフィー検査で
正確な診断をサポートします

通常、精神科や心療内科では主に問診による情報に基づいて診断されますが、当院では医師の問診だけではなく、光トポグラフィー検査やストレス測定を通して総合的に診断することで、より正確な現在の状態が分かります。光トポグラフィー検査の結果はグラフデータで表示され、客観的に現在の状態を知ることができます。検査結果は当日にお渡しいたします。

薬に頼らない新たな治療方法
「磁気刺激治療(TMS)」

磁気刺激治療(TMS)は、脳に磁気で刺激を与え、脳の働きを正常に戻すことにより、うつ症状を改善したり、ストレスを軽減したりする治療です。
ストレスを軽減することにより、うつ病予防にもつながります。
症状によって、数回~30回程度受けることにより、症状が改善します。
新聞などメディアでも取り上げられる新たなうつ病治療として注目されています。

企業向けメンタルヘルス対策を行っています。

当院では企業の従業員に対して、光トポグラフィー検査や磁気刺激治療(TMS)を通して、メンタルヘルス対策を行っています。企業のご意向に合ったプランをご提案をいたしますので、お気軽にご相談ください。

メンタルヘルス対策をお考えの法人の方へ
お問い合わせはこちら
担当:伊海(いかい)、佐川、稲垣
TEL:03-6433-2225(平日9時~18時)
E-mail:mental@shinagawa.com