統括院長・本院院長

渡邊 真也

渡邊 真也

Shinya Watanabe

精神保健指定医

経歴
2008.03 大分大学医学部卒業
2008.04 松阪市民病院初期研修
2010.04 松阪厚生病院 勤務
2014.04 新宿メンタルクリニック アイランドタワー 勤務
2014.11 新宿メンタルクリニック 名古屋院院長
2015.09 新宿ストレスクリニック 名古屋院院長
2016.04 新宿ストレスクリニック 統括院長
2017.12 新宿ストレスクリニック 統括院長・本院院長兼務
普段診療で心がけていることは?
渡邊患者様を大切にし、安心できる医療を一番に考えております。
正確な診断、適切な治療方針の提案をさせていただきます。
病気かどうか悩まれた時、今の診断に疑問を感じられた時、今の治療に不安を感じられた時など、いつでもご相談お待ちしております。
TMS治療の良いところは?
渡邊うつ病治療において、抗うつ薬の場合、副作用が問題となってきます。
うつ病治療として厚生労働省が認定している TMS(磁気刺激治療)は、副作用がほぼないことが最大のメリットとなっております。
本院の特徴
渡邊スタッフ全員が一致団結し、患者様の素晴らしい未来のためにベストを尽くします。
また、待合室に個室ブースを設置させていただくなど、患者様のプライバシーへの配慮を大切にしております。

名古屋院院長

本 将昂

本 将昂

Masataka Moto

精神保健指定医
日本精神神経学会認定 精神科専門医

経歴
2011.03 京都大学医学部卒業
2011.04 京都大学医学部附属病院初期研修
2013.04 京都大学医学部附属病院精神神経科 勤務
2013.10 大阪赤十字病院精神神経科 勤務
2016.04 関西青少年サナトリューム 勤務
2018.04 新宿ストレスクリニック 梅田院 勤務
2018.08 新宿ストレスクリニック 名古屋院院長
普段診療で心がけていることは?
医療人である以上、常に「患者さん first」の精神で治療を行なっています。
画一的な治療ではなく、「それぞれの患者さんにとって何が最善であるか」を一緒に模索しながら、ともに良くなる道を歩んで行きましょう。
TMS治療の良いところは?
「副作用がない」「早く良くなることができる」「自分らしさを取り戻すことができる」この3つに尽きると思います。
薬物療法を決して否定するわけではないですが、TMS 治療では従来の薬物療法では諦めるしかなかったことも、諦めずに良くなることが可能です。
名古屋院の特徴
規模としては決して大きくはないですが、患者さんが通いやすい雰囲気を作ることを心がけています。
「できる限りお待たせしない」「暖かく居心地のいい空間」で、一緒に治療を行なっていきましょう。

梅田院院長

鈴木 尚友

鈴木 尚友

Hisatomo Suzuki

精神保健指定医
日本精神神経学会認定 精神科専門医

経歴
2009.03 名古屋大学医学部卒業
2009.04 豊田厚生病院初期研修
2011.04 名古屋大学医学部精神医学教室入局
2011.04 名古屋大学医学部附属病院 精神科・親と子どもの心療科 勤務
2016.05 新宿ストレスクリニック 梅田院 勤務
2016.10 新宿ストレスクリニック 梅田院院長
普段診療で心がけていることは?
鈴木 精神科・心療内科の先生はなんとなく怖そうというイメージをお持ちの方もいらっしゃるかもしれませんが、当院では医学的な知識はもちろん、話しやすさを第一に考えています。
TMS治療の良いところは?
鈴木 抗精神病薬や抗うつ薬を飲むとみられる手の震え、肥満、便秘、口の渇き、吐き気、めまいなどの副作用がほとんどなく、お薬の副作用で生活や仕事の質を落としたり運転を禁止されたりすることがありません。
梅田院の特徴
鈴木 大阪駅から地下道で直接アクセス出来る他、JR・地下鉄各線からのアクセスも良好です。
ビルのワンフロア全体が当クリニックですので、初めての患者さまは院内の広さに驚かれます。