「リスカ」の意味
~つらい気持ちに気付いてほしいメッセージ~

「リスカ」の意味~つらい気持ちに気付いてほしいメッセージ~
「リスカ」の意味~つらい気持ちに気付いてほしいメッセージ~
「リスカ」の意味~つらい気持ちに気付いてほしいメッセージ~

「リスカ」とはリストカットを略した呼び方で、近年では思春期の中高生で増えているといわれる行為です。
自分自身の手首を、カッターなどで傷つける自傷行為のことをいいます。
また手首を傷つける「リスカ」だけではなく、腕を傷つける「アムカ(アームカット)」、顔を傷つける「フェイスカット」などの自傷行為も存在します。
とても危険なイメージがありますので、やめられなくなってつらい想いをしている人がいるかもしれません。家族や周りの人が気付いたのであれば、なぜそんな危険なことをしてしまうのか、理解することができないかもしれません。リストカットには隠されたメッセージがあります。その本当の意味を理解することが、自傷行為をなくすきっかけになるのです。

「リスカ」の意味
~つらい気持ちに気付いてほしいメッセージ~

「リスカ」の意味~つらい気持ちに気付いてほしいメッセージ~
「リスカ」の意味~つらい気持ちに気付いてほしいメッセージ~

リストカットは一般的に10代の女性に多い行為であり、近年では多く発生していることから、社会問題として注目されています。
1人きりの部屋などにおいて他人の目に触れない状況で行われ、周りの人に告白することもない傾向にあることから、明るみに出ないことがしばしばあります。家族など大人が早く気付くことが大事ですが、そのために友人たちからの情報など注視しておくことも大事です。

なぜそのような行動をするのか
~隠されたメッセージ~

リストカットに気付いたときには、その行為自体に驚いてしまい、理由も聞かずに止めようとしてしまいます。自傷行為は何度も繰り返して行うために、混乱してしまうことは仕方のないことかもしれません。
しかし自傷行為をしてしまうことは、自分自身で抱え込んでしまい、自分で解決しようとした結果です。周りに助けを求められず、追い詰められた末での行動ですから、その隠されたメッセージを掴むことが大事です。

  • 人間関係のトラブルなどつらい悩みがある場合

    1. 人間関係のトラブルなどつらい悩みがある場合

    リストカットをしてしまう人の多くは人間関係の悩みを持つ人が大多数です。人間関係を苦手としている人の場合であれば、うまく学校になじめなくて1人で悩むようになると、不安になり感情をコントロールできなくなることがあります。

    人間関係のトラブルなどつらい悩みがある場合
  • 我慢できない悔しい思いなどがあった場合

    2. 我慢できない悔しい思いなどがあった場合

    もともと生真面目で努力家である人が、学校生活などにおいてうまくいかないことがあると、必要以上に自責の念に駆られてしまうことがあります。すると我慢できないほどの悔しい思いを持ってしまい、自分の存在を否定してしまうことがあるのです。

    我慢できない悔しい思いなどがあった場合
  • 自分は価値のない人間だと考えてしまう場合

    3. 自分は価値のない人間だと考えてしまう場合

    学校でいじめにあった場合、「自分なんて必要ない」と自分を価値のない人間であると考えてしまうことがあります。
    家庭環境の中で大切にされなかった子供の中には、常に良い子でなければならないと考えることが多くあります。そのような子供たちが、成績が悪くなったり迷惑をかけてしまうことで、「価値がない」と考えてしまうことがあるのです。

    自分は価値のない人間だと考えてしまう場合
  • 周りに助けを求めることができない場合

    4. 周りに助けを求めることができない場合

    リストカットは1人で部屋に閉じこもって、悩みを抱えすぎてパンパンに膨らんだ心のガス抜きするための行為です。うまく人に相談することができませんし、なぜそのような自傷行為をするのかもうまく答えられないことがあります。

    周りに助けを求めることができない場合

リスカをしてしまう
~どうしたらいいの~

リストカットをしてしまう人の中には、自傷行為をやめたいと感じているのに、うまく自分の感情をコントロールできずやめられず、悩んでいる人が多くいます。
とても大きな精神的ショックに、その原因はあるようです。そのつらい感情から逃れるために、「死にたい」と考えてしまうのです。
リストカットは自分自身の感情をコントロールするための一つの手段ではありますが、自分を傷つけてしまうことは良いものでないと考える方も少なくはありません。
うまく解決するためには、次の2つの方法を考えてみてください。

  • 1. 家族や友人など、一番信頼できる人に助けてもらう

    あなたのつらい感情を、理解してくれる家族や友人が必ずいるはずです。リストカットしている自分なんて理解されないと思うかもしれませんが、そんなことはありません。あなたと一緒に悩みを解決していくことを、あなたが大事に思う人は願っているのですから。

  • 2. 信頼できる人と一緒に解決方法を探っていく

    家族や友人と一緒に、悩みの根本になっているものを取り除いていくようにします。その中で「つらい」「死にたい」と考えてしまう場合もあるかもしれませんが、自分らしい解決方法が必ずあるはずです。簡単に解決するものではないかもしれませんが、信頼する人と一緒に一歩一歩進んでいくことが大事です。

家族や周りの人の
リスカに気付いたとき

もしも自分の子供や仲の良い友人がリストカットしていることを知ってしまった場合に、怒ったり、責めたりすることは適切ではありません。
もちろん驚きや不安は隠せないとは思いますが、本当に不安であるのはリストカットしている本人であって、サポートを必要としているのです。中にはリストカットに対して、抵抗がないように感じることもあるかもしれませんが、繰り返し行うことによって後悔の気持ちが薄らいでいると考えられます。
本人にとって信頼できる人が、根本の悩みの解決のためにサポートしていくことで、少しずつ前進させることができます。その中で本人が自分らしさを取り戻し、自ら自傷行為をやめると選択することが大事なのです。
また死にたいという気持ちが強く、周りの人たちに大きな影響を与えているような場合には、自己判断せず、必ず専門機関に相談しましょう。

家族や周りの人は、
まず、“やめさせる”よりも
“悩みを聞く”ことが大切です。

家族や周りの人、または、専門機関を頼り話すことで、現在の環境が変化したり、リスカする本人の内面にある負担も軽くなるかもしれません。
リスカは周りに理解されづらいかもしれません。しかし、自傷行為を行うことは何らかの不安やストレスを抱えていることも多いはずです。その不安やストレスが進行すると、うつ病になる場合もあります。
家族や周りの人は、まず、行為そのものを責めるのではなく、悩みとその原因をしっかり聞いていきましょう。当院では、行き場のない不安やストレスの解消方法を一緒に考え、リスカする本人の人生をサポートします。ご家族がご本人に付き添ってのご相談も可能です。まずは、お気軽にご相談ください。

本 将昂

【監修】本 将昂医師

2011年京都大学医学部卒業。現在、新宿ストレスクリニックの名古屋院院長。それぞれの患者さんにとって何か最善であるかを考え、患者さんfirstの精神で治療を行います。
精神保健指定医 日本精神神経学会認定精神科専門医

新宿ストレスクリニックはうつ病かどうかが分かる「光トポグラフィー検査」や薬を使わない新たなうつ病治療「磁気刺激治療(TMS)」を行っております。うつ病の状態が悪化する前に、ぜひお気軽にご相談ください。

その他のうつ病を併発している可能性の高い症状のコラム記事

その他のコラム記事