ストレスやうつ病は
磁気刺激で解消できる

ストレスやうつ病は磁気刺激で解消できる

ストレスを溜め込むとうつ病になる可能性が高いと言われています。
ストレスの解消法は様々ありますが、ストレスをためないために日常からできることを行うことが大切です。

ストレスを自分で解消する
4つの方法

ストレスを解消する方法は、人それぞれですが、主に4つのストレス解消法があげられます。それは、「休息」「運動」「趣味」「人との食事」です。

  • 休息

    休息

    規則正しい生活を行うと、質の良い睡眠が取れますので心と体の回復ができます。

  • 運動

    運動

    ジョギングやウォーキング、水泳などの有酸素運動がストレス解消に効果的です。

  • 趣味

    趣味

    イライラが溜まっている時など、趣味に没頭することで気持ちが切り替えられます。

  • 人との食事

    人との食事

    信頼できる人と美味しいものを楽しくリラックスして食べることが大切です。

自分で解消できない時は
クリニックへ相談!

なかなかストレスが解消しない場合は、うつ病にならないためにも早めに心療内科や精神科を受診することをお勧めします。
一部のクリニックでは、現在「光トポグラフィー検査」という検査が普及し始めており、問診と組み合わせることで正確な診断を行うことが可能です。
うつ病の診断は、医師の問診のみで行うことが一般的ですが、徐々に「光トポグラフィー検査」を行うクリニックが増えてきています。

新宿ストレスクリニックでは、うつ病かどうかが分かる「光トポグラフィー検査」や薬を使わない新たなストレス・うつ病治療「磁気刺激治療(TMS)」を行っております。ストレスやうつ病の状態が悪化する前に、ぜひお気軽にご相談ください。

関連コラム記事

その他のコラム記事