うつ病の人は「周りの人に理解されない」
~周りのサポートからの理解が必要~

うつ病の人は「周りの人に理解されない」~周りのサポートからの理解が必要~

うつ病の人は
「周りの人に理解されない」
~周りのサポートからの
理解が必要~

うつ病の人は「周りの人に理解されない」~周りのサポートからの理解が必要~

うつ病は「心の風邪」と言われることがありますが、これは「誰でもかかりうる病気」である例えとして言われることです。
そのためうつ病で苦しんでいる人は数多くおられますが、風邪のように数日ゆっくり過ごして治るようなものではありません。

またなかなか自分自身がうつ病であると周りに伝えることができない人も多くいます。
すると辛い思いをしているにもかかわらず、「怠けている」「やる気がない」などと誤解されてしまうことがあります。
うつ病の人は、職場の人たちや家族からの無理解に苦しんでいます。

ここでは家族や職場の人がうつ病になったときに周りの人たちがどう対処するべきか、どのように接するべきかお伝えしていきます。

うつ病の人は
周りの人に理解されない
と苦しんでいる

うつ病の人は周りの人に理解されないと苦しんでいる

冒頭にも申し上げましたが、「うつ病は心の風邪」という例えを「誰にでもかかる病気」と捉えるのではなく、風邪のように簡単に治る病気と捉えてしまう人が少なくありません。

そのためうつ病である人とそうでない人では、病気に対する理解の差がとても大きくなってしまうのです。それは咳がでたり、熱がでたりするような、目に見える病気ではないからでしょう。

うつ病になってしまうと、気分が落ち込んでしまって何もやる気が起きなくなります。またぐっすりと眠れないようになり、身体が重く、食欲もなくなってしまうことがあります。
しかし周りの人からは、「頑張ればできる」「気合いが足りない」「怠けている」と言われてしまうこともあり、本人は大きなショックを受けてしまい、さらに病状を悪化させてしまうこともあるのです。
うつ病の本人からすると、何をする気も起きずに、仕事にいけず、食事を食べる意欲もわかず、お風呂にも入れないような状態となってしまうことで、「このままじゃいけない」という思いと身体のギャップが大きくなっています。
そして自分自身も「自分の甘え」「怠けもの」と考えてしまい、さらに落ち込んでしまうことになります。特にうつ病の人の特徴には、このような自責の念を持ってしまうことが多くあります。

特に理解されていない職場によっては、うつ病に偏見を持っていることもあり、陰湿な態度で本人を追い込んでしまう例も少なくないようです。
そのようなことがあると、うつ病の本人からすれば、「仕事に復帰することができない」「再就職も難しい」と考えてしまい、焦って無理してしまってさらに悪化させてしまうということもあるのです。

うつ病と診断されたときの
ご家族や職場に必要な対応は

うつ病と診断されたときのご家族や職場に必要な対応は

うつ病になると気分の落ち込みが激しく、憂うつな気分が続いてしまいます。何もやる気が起きませんから、本人はただ横になっていることしかできません。

むしろ本人からすれば、横になっているだけでも辛い状態なのであって、決して「甘え」や「怠け」によって横になり続けているわけではないと理解することが大事です。
ご家族や職場の人たちから、「早く良くなってほしい」と考えるのは素直な感情でしょうし、横になっている姿を見続けると「甘え」や「怠け」に見えてくるかもしれません。
しかし周りの人たち以上に本人は、なかなか良くならない自分自身に焦りを感じており、「もう良くならないんじゃないか」という不安を抱えながら生活しているのです。

ご家族や職場の人たちには、これらのことを理解して本人のサポートをしていただきたいと思います。
うつ病は「薬を飲んだらすぐに治る」という病気ではありません。できるだけ早く本人に合った治療を行い、地道に治療に取り組んでいかねばなりません。

またうつ病は再発しやすい病気であることも知られています。少し良くなってしまうと、薬を勝手にやめてしまう人がいますが、急に薬をやめてしまうことで再発のリスクが高くなりますし、副作用を起こしてしまうこともあります。
必ず医師の指示のもとに、適切に治療に取り組んでいく必要があると理解しておきましょう。

周りでサポートする人たちが
積極的にうつ病を理解する

周りでサポートする人たちが積極的にうつ病を理解する

うつ病という病気は一般的に知られるようになってきましたから、うつ病の人を理解しようとする気持ちを持っている人が多くなってきたように思います。

ただうつ病を正確に理解している人は多くありませんから、うつ病のことを正確に理解し、治療に対する正しい知識を持つことが大切です。

本人にはうつ病を打ち明けたくないという気持ちや、打ち明けても理解してもらえないという気持ちが強くあります。これはうつ病による特徴的な思考パターンであるため、「打ち明けてほしい」という態度ではなく、うつ病の症状であると理解することが大事になってきます。

周りで支える人たちが、病気のことを理解しようという態度であれば、本人も安心して治療に取り組むことができるのです。

うつ病は病気であると
理解することが重要です

うつ病は「怠け」や「甘え」と捉えられがちで、本人も同じように考えていることが少なくはありません。何をするにも億劫で、外出が面倒であったり、着替えが面倒であったり、職場では重要な仕事が任されないことや、単にサボりたいと思われたりすることで、うつ病患者を追い込む環境が未だにあるようです。

そしてうつ病患者は「自分が悪い」とよく抱きがちになります。しかし、本人のせいではありません。うつ病と言う病気によって引き起こされる症状なのです。

風邪を引いたときや、病気をしたときに治療をすることと同じで、うつ病も治療をすれば改善し、元通りになれるという事実があることに気付きましょう。

本 将昂

【監修】本 将昂医師

2011年京都大学医学部卒業。現在、新宿ストレスクリニックの名古屋院院長。それぞれの患者さんにとって何か最善であるかを考え、患者さんfirstの精神で治療を行います。
精神保健指定医 日本精神神経学会認定精神科専門医

新宿ストレスクリニックはうつ病かどうかが分かる「光トポグラフィー検査」や薬を使わない新たなうつ病治療「磁気刺激治療(TMS)」を行っております。うつ病の状態が悪化する前に、ぜひお気軽にご相談ください。

関連コラム記事

その他のコラム記事