スマホの長時間使用は危険!?~いつの間にかうつ病を発症することも~

スマホの長時間使用は危険!?~いつの間にかうつ病を発症することも~
スマホの長時間使用は危険!?~いつの間にかうつ病を発症することも~
スマホの長時間使用は危険!?~いつの間にかうつ病を発症することも~

2008年のiPhone上陸によって、日本のスマートフォン(以下スマホ)市場は本格的にスタートしました。
2015年には二人に一人が保有するほどまでに普及が進み、今日では暮らしに欠かせないツールのひとつに成長しています。
その一方で、スマホの長時間使用から生じる、心身の不調や経済的、社会的なダメージなど、負の側面がクローズアップされることも少なくありません。
今回はスマホの負の側面の集大成ともいえる「スマホ依存」について考えたいと思います。

スマホ依存症とは?

現在のところ、「スマホ依存」「スマホ依存症」は公的に認められた“病気”ではありません。
その前身ともいえる「ネット中毒」「インターネット依存」「インターネット依存症」といった概念が20年以上議論され続けていますが、いまだ明確な定義はできていないのが現状です。

その中で、2019年5月、世界保健機関(WHO)が「ゲーム依存症(障害)」を、「国際疾病分類」で正式に“病気”であると位置づけました。
WHOによる「ゲーム依存症」にはインターネット以外のゲームへの依存も含んでおり、ネット依存そのものではありませんが、「インターネット依存」の議論についての答えのひとつであることは間違いありません。
実際に、2020年2月に厚生労働省主導で行われた「ゲーム依存症対策関係者会議」の資料によると、国立病院機構久里浜医療センターを2016年~2017年に新規受診した患者の9割が、ゲーム(その98%以上がオンラインゲーム)に依存していたということですから、「インターネット依存」の大部分を「ゲーム依存」が占めているのは間違いなさそうです。

インターネット利用率

インターネット利用率

参考:総務省「通信利用動向調査」(各年)より作成

総務省発表の「通信利用動向調査」によると、2011年から2019年の8年間でPC(パソコン)によるインターネット利用が徐々に減少する半面、スマホによるインターネット利用率は16%から63%と、約4倍に増加しています。
インターネット利用がスマホにスライドしていく中で「スマホ依存」という呼び方がポピュラーになってきただけで、本質的な部分では「インターネット依存」のバリエーションといえるでしょう。
よって、スマホ依存症とは「一定期間継続して」「日常生活よりもスマホを優先してしまうことで実生活に明らかな支障をきたしているのに、それでもスマホの利用がコントロールできない」状態だといえ、実質的には“病気”として治療が必要なものです。

スマホの特異性

スマホという機器自体が持つ特徴により、より深刻な結果に結びついている可能性はあります。

かつては、ゲームならゲーム機やゲームセンター、映像(動画)ならテレビや映画館、音楽ならオーディオ機器やコンサート会場と、設置場所と体験が強く結びついていました。つまり、場所・時間・機会によって利用が自然と制限されていたのです。
しかし技術の進歩に伴い、録画(ビデオテープやDVD等)によって視聴時間の制限が緩やかになり、音楽プレイヤーで音楽が持ち運べるようになり、携帯ゲーム機がゲームをどこでもプレイ可能にし──とその制限は緩和されていったのです。

そしてスマホは、食卓でも教室でもオフィスでもトイレでも布団の中であっても、電波が届きさえすれば場所を問わず使用できます。(マナーやルールを無視すれば)映画館でゲームをしたり、授業中に音楽を聴いたり、職場でゲームをしたりと、場所だけではなく時間や機会の制限すら無視できてしまうのです。
しかも、たった一台のデバイスによって、です。

これは周囲からはスマホをどのように使っているかを把握しにくいということであり、例えば学生なら不登校になったり、成績が下がったりすることで問題が発覚するなど、どうしても対処が遅れてしまうということを意味します。

スマホの長時間利用が引き起こす不調とは?

ネットサーフィンやSNS(ソーシャルネットワークサービス)、ゲームなどに夢中になり、ふと気づくと数時間が過ぎていた──実際にそのような経験がある方もいることでしょうし、家族や知人がそうだという方もいることでしょう。
しかし、本人は楽しい時間を過ごしたつもりでも、心身は想像以上に負担を強いられている可能性があります。

・健康被害
スマホは軽量であるとはいえ、片手で支えながら操作する方も多いことでしょう。これは手指に少なくない負担と不自然な動作を強いることになり、腱鞘炎を引き起こしかねません。また、長時間画面を見下ろし続けることで、首や肩が凝る原因にもなります。
画面をずっと凝視すれば自然に瞬きが減り、眼精疲労やドライアイになる可能性があります。
夜遅くまでのゲームプレイやSNS閲覧が生活のリズムを乱し、睡眠不足や集中力の低下などを招くリスクがあります。
・経済的・社会的トラブル

睡眠不足が遅刻や欠勤、不登校などを引き起こす可能性があります。集中力の低下が学業不振や仕事のパフォーマンス低下につながることもあります。学生なら留年や退学、社会人なら失業するリスクもあります。
都度課金(ゲーム内アイテムの入手等に課金される)制のゲームを遊ぶときに、ついつい気軽に課金してしまい高額請求されるという事例は後を絶ちません。子供が勝手に課金してしまうことで、高額請求書に保護者が仰天するという話を耳にしたことがある方も少なくないことでしょう。

このような生活態度が周囲に歓迎される可能性は極めて低く、家族や周囲との人間関係の悪化、ひきこもり、物を壊す、暴力をふるう、など様々なトラブルにつながるリスクがあります。

このような生活態度が周囲に歓迎される可能性は極めて低く、家族や周囲との人間関係の悪化、ひきこもり、物を壊す、暴力をふるう、など様々なトラブルにつながるリスクがあります。

スマホ依存の予防と対処

2010年から2011年にかけて中学生を対象に東京大学大学院によって行われた調査(中学生パネル調査に基づくネット依存の因果的分析)では「慢性的な孤独感や抑鬱が背景となってネット依存が引き起こされている」可能性が指摘されています。

予防の観点では、親子の場合なら、まずスマホを与えることをできる限り遅くすることが望ましいでしょう。与える場合も、本人専用品よりも親のスマホを貸し出す方が状況を把握しやすくなります。
そして日ごろから、子供が興味を持っているものに関心を持ち、コミュニケーションをとるべきです。子供の変化に気づくことで深刻な事態になる前に対処できる可能性が増します。

しかし、理想はそうであっても、現実的には難しい場合があることも事実です。
本格的に依存している場合は、個人や家族の努力だけで対処するのは困難なので、専門機関の治療が必要です。
そこまで深刻でない場合なら、スマホをどれくらいどのように使っているのかを、記録をとってきちんと把握することから始めましょう。
いきなり完全に使用中止するなど極端な目標は達成困難ですから、まずは「食卓には上げない」「布団の中には持ち込まない」など実現可能な範囲で、段階的にスマホから離れる時間を増やしていきます。また、スマホを使わない楽しみを持つ、塾や習い事を始めるなど、スマホ以外の時間を増やすことも有効に働きます。
まずは保護者自身が適切なスマホとの距離を保ち、手本となるようにしましょう。

他の精神障害との合併

韓国やアメリカを始めとして、ネット依存者がうつ病や発達障害など他の精神障害を合併している事例が数多く報告されています。
また、長時間のスマホ利用がうつ病リスクを高めているという報告もあります。
前述の「ゲーム依存症対策関係者会議」の資料では、ゲーム障害患者の19%にうつ病が認められ、自殺のリスクのある患者が35.4%に上ったと報告されています。

「Journal of Medical Internet Research誌2020年8月11日号」で報告された中国における「インターネット依存症の重症度と精神病理学、深刻な精神疾患、自殺傾向との関連性」調査では、以下のように指摘されています。

「中等度から重度のインターネット依存症は、身体症状を含むメンタルヘルスへの悪影響と強く関連しており、うつ病との最も強い関連性が示唆された。このことから、中等度から重度のインターネット依存症に対するサポートは、妥当であると考えられる。インターネットプラスや人工知能の時代において、人間の健康問題を解決する観点から、健康政策担当者やサービスサプライヤーが、このことを理解することが重要である」
(ケアネットより引用)

例えば睡眠時間が1時間短くなったとしても、遅刻や寝坊などの実害がなかったり、注意されれば使い方を改められるなど、他に影響していないようなら依存の段階ではありません。
しかし、睡眠時間が減っているということが実はうつ病の症状の可能性もあり、依存ではないから問題なし、というわけではありません。

うつ症状を感じたら
早めに専門機関へ

うつ病の改善には早期発見と早期治療が大切です。うつ病は放っておけば自然治癒するというものではなく、時間の経過はむしろうつ病を深刻化させてしまいます。 うつ病が疑わしい場合は、できる限り早めに精神科や心療内科を受診しましょう。
30秒でできるうつ病のセルフチェックがありますので、気になる方はまずこちらをお試しください。

まずはセルフチェックで
今の状況を確認!

うつ病の診断を補助する
「光トポグラフィー検査」

例えば双極性障害(躁うつ病)の場合、活動的な躁状態と、無気力なうつ状態を繰り返しますが、患者さん本人は躁状態を病気と思っておらず、うつ状態の時のみ病院にかかることで、診断まで時間がかかる場合があります。
光トポグラフィー検査は、脳の血流の変化量をグラフ化することで、うつ病の診断を補助します。グラフ化することで、問診だけでは見えにくい精神疾患の差異が見えやすくなり、早期に双極性障害(躁うつ病)とうつ病を鑑別しやすくなります。
もちろん、検査をしないと診断・治療できないわけではありませんが、患者さん自身が客観的なデータを見ることができることからも、ご自身の状態が心配な場合は検査を受けることをお勧めします。

状態を正確に知ることが大切です!
うつ病かどうかをグラフデータで診断サポート!

薬に頼らないうつ病治療
「磁気刺激治療(TMS)」

「磁気刺激治療(TMS)」とは、薬に頼らない新たなうつ病治療です。
古くからうつ病は「心の病気」といわれてきましたが、近年の研究成果から「脳の病気」であると判ってきています。
磁気刺激治療では、脳の特定部位(DLPFC:背外側前頭前野)に磁気を当てることで、脳の機能低下を回復させうつ症状を改善します。
薬物治療はたくさんの患者さんを救ってきた歴史のある治療ですが、治療効果や副作用の個人差が大きく、特に副作用の点が問題になることも少なくないのが難点です。
磁気刺激治療はほとんど副作用がなく、妊婦や高齢者、未成年者(12歳以上の中学生から)にも適用可能な安全な治療法です。

短期間の治療が可能です!
薬に頼らない新たなうつ病治療があります!

参考リンク:

本 将昂

【監修】本 将昂医師

2011年京都大学医学部卒業。現在、新宿ストレスクリニックの名古屋院院長。それぞれの患者さんにとって何か最善であるかを考え、患者さんfirstの精神で治療を行います。
精神保健指定医 日本精神神経学会認定精神科専門医

■関連リンク

本 将昴医師が在院する新宿ストレスクリニック名古屋院のページはこちら

新宿ストレスクリニックはうつ病かどうかが分かる「光トポグラフィー検査」や薬を使わない新たなうつ病治療「磁気刺激治療(TMS)」を行っております。
うつ病の状態が悪化する前に、ぜひお気軽にご相談ください。

スマホの長時間使用は危険!?~いつの間にかうつ病を発症することも~に関連するコラム

その他のうつ病を併発している可能性の高い症状のコラム記事

その他のコラム記事

精神科・心療内科コラムトップへ