冬季限定の症状…もしかして冬季うつ(冬うつ)?~年末年始にかけて予防と検査を~

冬季限定の症状…もしかして冬季うつ(冬うつ)?~年末年始にかけて予防と検査を~
冬季限定の症状…もしかして冬季うつ(冬うつ)?~年末年始にかけて予防と検査を~
冬季限定の症状…もしかして冬季うつ(冬うつ)?~年末年始にかけて予防と検査を~

季節の変わり目は気分が落ち着かない。

これは皆さんも感じたことのある感覚ではないでしょうか。特に寒さの厳しくなる秋から冬にかけては、ハッキリと自覚はなくても心がザワザワすると訴える人が急増します。
寒さのせいか、活動も人に会うことも億劫になりやすい冬。気の持ちようともいえますが、長く続く気うつは「冬季うつ」発症のシグナルかもしれません。

健康な人も注意が必要!
冬季うつとは?

「冬季うつ」は、正式名称を「季節性情動障害(SAD)」といいます。
季節性情動障害(SAD)とは、春夏秋冬いずれかの季節に発症し、季節が変われば症状が徐々に回復していくうつ病のことをいいます。
しかし、反復性がありまた次の年の同じ季節に発症する可能性があります。
なぜ冬季うつと呼ばれるのか、その原因などについて、詳しく見ていきましょう。

冬季うつの発症時期

10月~3月にかけて発症するうつ病を「冬季うつ」と呼びます。
症状はうつ病と似たような抑うつ症状が見られる一方で、身体的な不調については食欲不振や不眠に陥りやすい一般的なうつ病とは異なります。

【冬季うつの特徴】

  • イライラしたり、突然不安になったりする
  • これまで楽しかったことが楽しくない
  • 気力や集中力が落ちる
  • 午前中は特に気分が落ち込む
  • 人と会いたくない
  • 性欲が落ちる
  • 炭水化物や甘い物が欲しくてたまらない
  • いくら寝ても寝足りない(過眠)

寒い季節はもの寂しくなったり、活動量が減ったりするもの。以上のような状態が見受けられるからといって、すべての方が冬季うつということではありません。
ですが、こうした症状が秋~冬にかけて2年以上続けて出現している。なぜか春になると症状がなくなったと感じる。ストレスなどは特になく、考えられる原因は季節的なものとしかいえない。このような特徴が重なった場合、冬季うつと診断されます。
ただし、正確な診断は医師にしかできません。自分の状態に違和感を覚えたら、精神科や心療内科を受診しましょう。

ストレスやうつ症状について
ぜひご相談ください!

冬季うつになる原因

冬季うつの発症には、日照時間が大きく関係しているといわれています。
日光には脳内のセロトニンの分泌を促す力があるものの、冬場は日が短く、セロトニンの分泌量も減少するといわれています。それにより気分の低下が起こったり、睡眠を司るメラトニンが十分に作られなかったりしている可能性があると考えられているのです。
とはいえ、そもそもうつ病はまだ解明されていない部分は多い病気であり、冬季うつもハッキリしていないことが多く、特効薬はありません。
現段階で冬季うつの治療としておすすめできるのは、一般的なうつ病治療と合わせて日光浴を行うことです。症状によっては、光照射療法が行われることもあります。
最近のうつ病治療では、副作用や心身への負担が限りなく少ない「磁気刺激治療(TMS)」なども選択できるようになりました。

短期間の治療が可能です!
薬に頼らない新たなうつ病治療があります!

通院する場合は、日中に治療へ通うことで日光に当たる時間を増やすなど工夫し、できるだけ陽の光に当たる時間を増やしましょう。

ナルコレプシーはうつ病を併発する?

体調を崩しやすい時期だからこそ要注意

ナルコレプシーはうつ病を併発する?

もともと12~2月の極寒期は、誰もが「厳しい寒さ」という環境ストレスにさらされています。自律神経系は体温や血圧を一定に保つためにフル稼働していて、いつどんなきっかけで乱れてもおかしくない状態になっているのです。
一般的に季節性情動障害(SAD)は、男性より女性のほうがおこりやすいといわれています。しかし、寒さと多忙の前で男女の差はありません。
むしろ忘年会や新年会などの飲み会が増える冬は、男性のほうが寝不足に陥り、疲労を溜め込んでいるケースが見受けられます。
疲労マックスのまま正月休みに入ると、新年の挨拶回りや家族との時間を大切にするあまり、休み明けはさらに疲労を蓄積しているという結果に。仕事がスタートすれば決算期に向けて過密な業務が続き、さらに疲弊していくことも考えられるでしょう。
もちろんこの負のスパイラルは、働く女性にも当てはまります。
そのように疲れた状態の中で、もしインフルエンザやノロウィルスが流行ってしまったら…いつもは跳ね返してしまう感染病も、猛威となってご自身を襲うでしょう。
たとえ体力はまだ有り余っているという状態でも、過労状態にあるときは精神的なストレスも感じやすくなっています。
不眠、胃もたれや胃痛、めまい、食欲不振、ひどい倦怠感などが出はじめたら、自律神経が乱れている証拠。こうした身体のシグナルを無視して動き続けると、うつ病のリスクがどんどん高まります。
「身体はまだ動く!」と、なまじ体力がある人のほうが心を置き去りにしてしまいがちです。心の悲鳴に耳を傾け、休息を取りましょう。

冬季うつを予防しよう!

年末年始から3月まで何かと忙しい毎日だからこそ、突然倒れてしまわないためには冬季うつの予防が大切です。予防に必要なのは特別な取り組みではなく、「疲れを溜めない」という自覚と工夫。
この冬はぜひ、以下にあげた4つのポイントを意識してみてください。

  • 1.バランスの取れた食事をする

    1.バランスの取れた食事をする
    1.バランスの取れた食事をする

    肉、魚、卵など疲労回復を促す動物性たんぱく質、風邪予防にもなるビタミンやミネラルの豊富な緑黄色野菜・果物などをバランス良く組み合わせた食事を1日2食はしっかり取りましょう。
    炭水化物は体温を保つために大切な栄養素です。冬場のカロリー制限ダイエットは体調やメンタルを崩す原因になります。ダイエットをしたいのなら、湯船につかる時間を長くして脂肪燃焼を促すなど、リラックスしながらできる方法を取り入れましょう。

  • 2.睡眠負債を溜めない

    2.睡眠負債を溜めない
    2.睡眠負債を溜めない

    寝不足が重なっていくことを睡眠負債といいます。仕事などで寝不足になってしまった場合は、できるだけ数日のうちにしっかりと睡眠を取って睡眠負債を溜めないことが大切です。
    冬の睡眠不足は体調不良につながるだけでなく、風邪などのウィルス感染もしやすくなる健康の大敵。お金と同じで睡眠負債も溜まるほどに返済が難しくなります。最低6時間は眠れるよう工夫しましょう。

  • 3.日光浴をする

    3.日光浴をする
    3.日光浴をする

    オフィスなどの屋内で勤務している人はそもそも日照不足になりがちです。休憩時間は外に出る、できるだけ窓際に座って日光を浴びる、など陽に当たる工夫をしましょう。日光を浴びないと体内時計が狂い、自律神経も乱れやすくなります。

  • 4.外出中は体力温存を心がける

    4.外出中は体力温存を心がける
    4.外出中は体力温存を心がける

    ただでさえ体力の奪われやすい冬は、休日もできるだけ家でのんびりすることを心がけましょう。休日にスポーツをする、連休にレジャーへ出かけるなど、気分はリフレッシュできるかもしれませんが、ご自分で思っている以上に体力を消耗します。
    家族旅行や遠方に帰省するなどあらかじめ外出が決まっている場合は、最低でも連休最終日の1日前に帰宅し、身体を休めるよう心がけてください。

無理をしないように心がけているけれど、すでに心や身体の不調を感じている場合は、できるだけ早く心療内科や精神科などの医療機関へ足を運んでください。新宿ストレスクリニックは、年末年始も診療(名古屋院と梅田院は一部除く)しています。

冬季うつかどうかは
精神科・心療内科にご相談を

安易に自己判断すると
重症化を招く可能性がある

うつ病は気の持ちよう、心の問題と捉えられがち。かかった本人も自分を責める傾向があり、周囲も自分も気づかぬうちに重症化させてしまいやすいのです。
うつ病は早期発見・治療によってきちんと回復させられる病気です。しかし、個々に根付いた誤った認識が、治せる病気を治しにくくさせてしまっています。
初期症状である気分の落ち込みややる気が起きない状態をそのままにしておくと、ワケもなく将来が不安になって眠れなくなったり食欲が落ちたりといった症状が出てきます。この頃になると、朝起きられない状態が続き、日中もフラフラするといった状態に陥りやすいです。
さらに症状が進行すると素早い動きが苦手になったり、世の中に一人だけ取り残されているような孤独感が湧いてくるようになります。この状態になったらすでに重症です。
自傷行為や自殺願望が芽生えやすくなりますので、一刻も早い治療を行ってください。場合によっては周囲からの見守りなども必要になります。
初期症状の段階ではご本人も気づきにくいものですが、違和感を「問題ない」と自己判断するのはとても危険です。うつ病には医師による治療が必須で、その症状の詳しい状態を伝えることも、治療の必要性も医師にしか判断できません。
実際に気のせいであったとしても構いません。精神科や心療内科で今感じているその違和感をお話ください。

ストレスやうつ症状について
ぜひご相談ください!

まずは「うつ病の自己診断」から
始めてみましょう

うつ症状や身体の不調は、ほっと一息ついたときに自覚しやすいものです。
忙しい年末は特に何も感じなかったけれど、お正月休みに入ったとたん違和感がある…そう感じた場合は、まずご自分の状態をご自身でチェックしてみましょう。
新宿ストレスクリニックの公式サイトでは、簡単な質問に答えるだけで今の自分の状態を調べることができる、うつ病の自己診断を公開しています。

うつ状態であると出た場合は、心療内科や精神科へ相談にいきましょう。現状では問題がないと判断された場合でも、不安や気分の浮き沈みがあるときは、一度専門家に相談してみることをおすすめします。
新宿ストレスクリニックは、年末年始も診療(名古屋院と梅田院は一部除く)行っています。お時間に余裕のある休暇中こそ、ぜひ一度受診を検討してみてください。

ストレスやうつ症状について
ぜひご相談ください!

安心・安全のうつ病検査
「光トポグラフィー検査」とは

新宿ストレスクリニックでは、脳の血流を調べることで現在のご自分の状態がうつ病かどうか客観的にわかる「光トポグラフィー検査」を導入しています。検査方法は、専用の装置を頭つけるだけと簡単で、心身への負担はまったくありません。あとは機械が脳の血流数値化し、うつ病かどうかをグラフ化してくれます。

うつ病ではないかと不安がある場合は、ご相談と合わせて光トポグラフィー検査をご検討ください。治療の必要性や今後の対策についてより客観的で正確な答えが得られます。この検査は厚生労働省にも認可されている検査でもあり、安全面においても安心して受けていただけます。

状態を正確に知ることが大切です!
うつ病かどうかをグラフデータで診断サポート!

薬に頼らない新しいうつ病治療
「磁気刺激治療(TMS)」とは

「磁気刺激治療(TMS)」は、脳に磁気を当てて刺激することで脳の機能を回復させていく、うつ病の新しい治療として注目されている治療法です。
うつ病が「心の病気」ではなく「脳の病気」をいわれるようになったのは、うつ病の人の多くが脳の血流や機能の働きが悪くなっていると考えられるようになったためです。その悪くなった部分を刺激すると脳が正常に機能し、それによってうつ病も改善していくことがわかり、磁気刺激治療(TMS)ではそのプロセスを脳に促していきます。
磁気刺激治療(TMS)は、ほとんど副作用がなく、治療後すぐにご帰宅いただけます。治療期間も約1ヶ月半~6ヶ月と短い期間で集中的に治療を行うことができ、症状改善の効果にも期待が寄せられています。
ストレス緩和のために受けることもできる治療法です。ご希望の場合はご相談ください。

短期間の治療が可能です!
薬に頼らない新たなうつ病治療があります!

参考:

本 将昂

【監修】本 将昂医師

2011年京都大学医学部卒業。現在、新宿ストレスクリニックの名古屋院院長。それぞれの患者さんにとって何か最善であるかを考え、患者さんfirstの精神で治療を行います。
精神保健指定医 日本精神神経学会認定精神科専門医

■関連リンク

本 将昴医師が在院する新宿ストレスクリニック名古屋院のページはこちら

新宿ストレスクリニックでは、うつ病かどうかが分かる「光トポグラフィー検査」や薬を使わない新たなうつ病治療「磁気刺激治療(TMS)」を行っております。
うつ病の状態が悪化する前に、ぜひお気軽にご相談ください。

その他のうつ病を併発している可能性の高い症状のコラム記事

その他のコラム記事