うつ病の再発について

うつ病の再発について
うつ病の再発について

うつ病の再発率は60%!?

厚生労働省の「こころの耳」によると、「うつ病の再発率は60%もあり、その後再発を繰り返すとさらに再発率が高くなるとされています。」といわれています。
再発の原因はさまざまで、ひとつは治療を自己判断で中断することがあげられます。
うつ病はかかると治るまでに時間がかかる病気です。少し元気になってきたとしても完全には治っていない場合があります。うつ病の治療期間が長引くのも自己判断での治療の中断が影響している可能性があります。
自己判断は危険ですので、必ず医師の指導の下、治療をしていきましょう。

うつ病は自然治癒するのか

うつ病は軽度の場合であれば、薬を飲まなくても自然治癒することもあるようです。
しかし、軽度や重度を判断することは本人だけでは難しい場合があります。
おおよそ2週間以上、気分の落ち込みやイライラ、重い倦怠感などを感じた場合は、大げさなどと考えずに専門機関に相談しましょう。心身の不調を放っておくと、うつ病が進行し、記憶力や集中力の低下など引き起こす場合があります。

また、うつ病はストレスがきっかけで引き起こされることもあり、ストレスの原因に環境が関係していることもあります。根本の原因が改善出来れば、自然治癒も可能性としては高くなるでしょう。しかし、環境や人間関係の環境は、なかなか変えることができず、ストレスと抑うつ症状との板挟みになり、辛く苦しい生活を我慢しなければなりません。
その場合、精神科や心療内科に通うことにより、負担が軽くなる可能性があります。
専門の医師による、きちんとした治療で徐々に症状を治めていきましょう。

うつ病の再発率が高い
と言われる理由とは?

うつ病の再発の原因は次のような理由と言われています。

  • ・自己判断での断薬(勝手に処方された薬をやめた)

  • ・医師の指示に従わなかった

  • ・回復したと自己判断して、再発した

うつ病の治療期間は「急性期」、「回復期」、「再発予防期」と大きく3つの期間に分かれると考えられます。一般的に急性期は休養、回復期は薬物療法など行い、再発予防期にカウンセリングや精神療法などを行います。全ての期間をトータルすると約2年間要すると言われています。この「2年間」という治療期間中に、元気になった、もう大丈夫だと自己判断し、回復を遅らせてしまう場合もあるようです。

また、薬物療法の場合は副作用を伴うこともあり、副作用という理由から治療を途中でやめることにより、離脱症状に苦しむケースもあるようです。
必ず断薬は医師の指導の下、行うことが望ましいでしょう。

短期の集中治療は
新宿ストレスクリニックへ!

薬物療法は基本的な治療スケジュールがあり、長期間に渡り治療を行わなければなりません。副作用も伴い、さまざまな抗うつ薬が処方されたりします。
新宿ストレスクリニックでは、そんなお悩みを持つ患者さんが多く受診します。
新宿ストレスクリニックは磁気刺激治療(TMS)の専門クリニックです。
磁気刺激治療(TMS)は、頭部に磁気の刺激を与え、うつ病を改善する治療方法です。抗うつ薬による副作用や離脱症状に苦しむ患者さんも磁気刺激治療(TMS)を受け、実際に薬をゼロにされた患者さんもいます。

また、現在の治療を続けながら並行して、セカンドオピニオンとしても治療ができます。治療期間も約1ヶ月半~6ヶ月と個人差はありますが、短期に集中して治療に専念ができます。新宿ストレスクリニックは土日祝日も診療していますので、日頃お仕事で忙しい方でも休職せずに通院ができます。患者さんのライフスタイルに合わせて無理なく治療を継続できることはもちろん、アフターケアも万全ですので再発のリスクを最小限に抑えることも可能なクリニックです。
まずはお気軽にご相談ください。

本 将昂

【監修】本 将昂医師

2011年京都大学医学部卒業。現在、新宿ストレスクリニックの名古屋院院長。それぞれの患者さんにとって何か最善であるかを考え、患者さんfirstの精神で治療を行います。
精神保健指定医 日本精神神経学会認定精神科専門医

新宿ストレスクリニックはうつ病かどうかが分かる「光トポグラフィー検査」や薬を使わない新たなうつ病治療「磁気刺激治療(TMS)」を行っております。うつ病の状態が悪化する前に、ぜひお気軽にご相談ください。

その他のうつ病を併発している可能性の高い症状のコラム記事

その他のコラム記事