うつ病の再発について

うつ病の再発について
うつ病の再発について

うつ病の再発率は60%!?

厚生労働省の「こころの耳」によると、「うつ病の再発率は60%もあり、その後再発を繰り返すとさらに再発率が高くなるとされています。」といわれています。
再発の原因はさまざまで、ひとつは治療を自己判断で中断することがあげられます。
うつ病はかかると治るまでに時間がかかる病気です。少し元気になってきたとしても完全には治っていない場合があります。うつ病の治療期間が長引くのも自己判断での治療の中断が影響している可能性があります。
自己判断は危険ですので、必ず医師の指導の下、治療をしていきましょう。

うつ病は自然治癒するのか

うつ病は軽度の場合であれば、薬を飲まなくても自然治癒することもあるようです。
しかし、軽度や重度を判断することは本人だけでは難しい場合があります。
おおよそ2週間以上、気分の落ち込みやイライラ、重い倦怠感などを感じた場合は、大げさなどと考えずに専門機関に相談しましょう。心身の不調を放っておくと、うつ病が進行し、記憶力や集中力の低下など引き起こす場合があります。

また、うつ病はストレスがきっかけで引き起こされることもあり、ストレスの原因に環境が関係していることもあります。根本の原因が改善出来れば、自然治癒も可能性としては高くなるでしょう。しかし、環境や人間関係の環境は、なかなか変えることができず、ストレスと抑うつ症状との板挟みになり、辛く苦しい生活を我慢しなければなりません。
その場合、精神科や心療内科に通うことにより、負担が軽くなる可能性があります。
専門の医師による、きちんとした治療で徐々に症状を治めていきましょう。

うつ病の再発と不眠の関連性について

うつ病の初期症状として、不眠があります。
うつ病の90%程度の人に、不眠の症状が表れるといわれています。
また、うつ症状が改善されても、不眠状態が改善されず続くような場合、うつ病の再発の恐れがあります。つまり、うつ病と不眠は密接な関係があるのです。

日本人は普段から睡眠が不足しています。
厚生労働省が発表している「国民健康・栄養調査(平成29年度)」によれば、20%以上の人が睡眠で休養が十分にとれていません。
特に1日の平均睡眠時間が6時間未満の割合は40代が最も高く、男性では48.5%、女性では52.4%という数字からも分かるように、約半数の人が睡眠不足です。

40代の1日の平均睡眠時間

40代以上の1日平均睡眠時間 男性 40代以上の1日平均睡眠時間 女性

このような現状を踏まえると、睡眠不足つまり不眠症の日本人はうつ病になりやすい環境にあると言っても過言ではありません。
慢性的な不眠症の場合、うつ病の発症リスクが2倍程度になるというデータも存在します。

日本では、健康問題においてうつ病が原因で自殺するケースがトップです。
平成30年には約4,000人もの人がうつ病を理由に自殺しています。自殺を食い止めるためにも、まずは十分な睡眠をとり、うつ病にならないことが重要なのです。
このようにうつ病の再発と不眠症は切っても切れない関係にあるのです。

うつ病の再発率が高い
と言われる理由とは?

うつ病の再発の原因は次のような理由と言われています。

  • ・自己判断での断薬(勝手に処方された薬をやめた)

  • ・医師の指示に従わなかった

  • ・回復したと自己判断して、再発した

うつ病の治療期間は「急性期」、「回復期」、「再発予防期」と大きく3つの期間に分かれると考えられます。一般的に急性期は休養、回復期は薬物療法など行い、再発予防期にカウンセリングや精神療法などを行います。全ての期間をトータルすると約2年間要すると言われています。この「2年間」という治療期間中に、元気になった、もう大丈夫だと自己判断し、回復を遅らせてしまう場合もあるようです。

また、薬物療法の場合は副作用を伴うこともあり、副作用という理由から治療を途中でやめることにより、離脱症状に苦しむケースもあるようです。
必ず断薬は医師の指導の下、行うことが望ましいでしょう。

うつ病の再発が不安な方へ
~うつ病の再発防止~

うつ病は治療を開始すれば、すぐに効果が出て、治るというものではありません。
治っていく過程は、良くなったり悪くなったり繰り返しながら、少しずつ改善していくものです。そして、ほぼ以前のような元気が回復した状態=寛解になります。そのため、寛解に至るまでにはある程度の期間が必要になります。

うつ病の治療期間は、「急性期」「回復期」「再発予防期」と大きく3つに分かれます。
「急性期」には十分な休養が重要であると考えられています。一般的に「回復期」においては、抗うつ薬などの薬物治療を中心に行い、「再発予防期」には再発を防止するために精神療法やカウンセリングを行います。

うつ病治療においては、引き起こす原因も一つではないことが多く、3つの期間がどの位になるかは個人差があります。
うつ病の治療期間の目安としては、「急性期」が1~3ヶ月程度、「回復期」が4~6ヶ月程度、「再発予防期」が1~数年程度と考えられています。
うつ病は早期に発見できれば、軽症のうちに治療が開始できるので、「再発予防期」に早く移行できます。
うつ病の再発も同様で、早期の発見ができれば早めの対応ができますので、再発の不安を感じたら、すぐ主治医に相談しましょう。

また、うつ病の治療において大切なことは「症状が回復しても自己判断で治療をやめない」ということです。「回復期」の途中で寛解の状態を迎えますが、その時に医師に相談せず、自己判断で治療を止めてしまうと再発してしまうことが多く見られます。うつ病の治療は主治医に相談して指示に従うことが何より大事です。主治医の指示の元、根気よく治療をすることが再発防止に繋がります。

うつ病の治療期間や治療経過について

うつ病の再発に関するQ&A

うつ病の再発が不安です。再発させないための対策を教えてください。
うつ病を再発させないためには、主治医の指示に従った治療を継続して行うことです。
回復したと感じでも自己判断で治療を途中で止めてしまうと再発の可能性が高いです。
また、治療以外では、生活環境の改善をすることや認知行動療法などの精神療法を行うこともあります。
うつ病が再発した場合、主にどんな症状がみられますか?
不眠のサインが表れたら、要注意です。
なかなか寝付けなかったり、朝早くに目覚めたり、夜中に何度も目が覚めてしまったりした場合は、うつ病の再発の可能性があります。
またその他の気になるうつ症状が表れることもありますので、その際は早めに医師に相談してください。
うつ病が回復しても治療は続けないとダメですか?
うつ病は良くなったり悪くなったり繰り返しながら、少しずつ改善していくものです。
回復したと感じても、主治医の指示に従って治療は続けなくてはいけません。
治療を自己判断で中止せず、主治医にまずは相談しましょう。
薬以外の治療方法で再発予防はできないのでしょうか。
薬物治療以外の方法として、磁気刺激治療(TMS)があります。
頭部に磁気刺激を与え、働きを活性化させることで、ストレスやうつ症状を改善させる治療方法です。うつ病の治療を始め、うつ病の再発予防としても活用されています。
薬との併用治療も可能ですので、減薬や断薬を目指しながら行えます。

短期の集中治療は
新宿ストレスクリニックへ!

薬物療法は基本的な治療スケジュールがあり、長期間に渡り治療を行わなければなりません。副作用も伴い、さまざまな抗うつ薬が処方されたりします。
新宿ストレスクリニックでは、そんなお悩みを持つ患者さんが多く受診します。
新宿ストレスクリニックは磁気刺激治療(TMS)の専門クリニックです。
磁気刺激治療(TMS)は、頭部に磁気の刺激を与え、うつ病を改善する治療方法です。抗うつ薬による副作用や離脱症状に苦しむ患者さんも磁気刺激治療(TMS)を受け、実際に薬をゼロにされた患者さんもいます。

また、現在の治療を続けながら並行して、セカンドオピニオンとしても治療ができます。治療期間も約1ヶ月半~6ヶ月と個人差はありますが、短期に集中して治療に専念ができます。新宿ストレスクリニックは土日祝日も診療していますので、日頃お仕事で忙しい方でも休職せずに通院ができます。患者さんのライフスタイルに合わせて無理なく治療を継続できることはもちろん、アフターケアも万全ですので再発のリスクを最小限に抑えることも可能なクリニックです。
まずはお気軽にご相談ください。

本 将昂

【監修】本 将昂医師

2011年京都大学医学部卒業。現在、新宿ストレスクリニックの名古屋院院長。それぞれの患者さんにとって何か最善であるかを考え、患者さんfirstの精神で治療を行います。
精神保健指定医 日本精神神経学会認定精神科専門医

■関連リンク

本 将昴医師が在院する新宿ストレスクリニック名古屋院のページはこちら

新宿ストレスクリニックはうつ病かどうかが分かる「光トポグラフィー検査」や薬を使わない新たなうつ病治療「磁気刺激治療(TMS)」を行っております。うつ病の状態が悪化する前に、ぜひお気軽にご相談ください。

その他のうつ病を併発している可能性の高い症状のコラム記事

その他のコラム記事

精神科・心療内科コラムトップへ