精神科・心療内科って
どんなところ?

精神科・心療内科ってどんなところ?
精神科・心療内科ってどんなところ?

少し前まではうつ病(鬱病)や精神疾患といった心の病自体が一般的に受け入れられず、それを扱う精神科・心療内科はあまりいいイメージではありませんでした。
しかし何かとストレスの多い現代ではうつ病(鬱病)などの精神疾患になる方も増え、また最近ではそういった心の病を扱う映画やドラマも増えてきた影響もあってか、精神科・心療内科は気軽に相談ができる存在となってきています。総合病院のような大きな病院の中にある精神科・心療内科から街のクリニックまで様々です。

精神科とは

精神科はうつ病(鬱病)や双極性障害など精神疾患を扱う病院です。初診では医師が患者さんの話を伺い、カウンセリングや薬物療法などその患者さんの希望も加味しながら治療方法を決めます。

心療内科とは

心療内科とは

心療内科は心身症を扱う病院です。身体に疾患が表れ検査しても異常なしと診断されてしまいます。こういった場合ストレスなどを受け心理的な原因で身体に疾患が表れている病態が心身症ですので、他の病院から心療内科を紹介されていらっしゃる方もいます。
心療内科ではこうした患者さんの心と身体の両面から治療を行います。
精神科は精神疾患という心の病を扱い、心療内科は心身症という身体の疾患を扱うので、内容が違うのですが、基本的にはストレスが原因で起こる心の病という部分では共通していますから、精神科と心療内科を併設している病院や、両方を扱うクリニックなどもあります。

光トポグラフィー検査は必要?

精神科や心療内科では問診を中心に診断を行っている病院やクリニックが大半です。
しかし、最近ではうつ病などがグラフデータで分かる「光トポグラフィー検査」を導入し、問診と総合的に診断することで、正確な診断が可能になりました。
特に診断がしにくい躁うつ病(双極性障害)がデータで分かりますので、徐々に取り扱っている病院やクリニックも増えています。
新宿ストレスクリニックは「光トポグラフィー検査」を行っておりますので、ぜひご相談ください。

心の病は脳からきてる!?

精神科・心療内科へお越しになる患者さんは何かしらの心の病を患っています。
心の病とは、ストレスなどから脳の活動バランスが崩れ精神や身体に影響が出て精神疾患や心身症になるのが心の病なのです。

本 将昂

【監修】本 将昂医師

2011年京都大学医学部卒業。現在、新宿ストレスクリニックの名古屋院院長。それぞれの患者さんにとって何か最善であるかを考え、患者さんfirstの精神で治療を行います。
精神保健指定医 日本精神神経学会認定精神科専門医

新宿ストレスクリニックは新たなストレス・うつ病治療「磁気刺激治療(TMS)」の専門クリニックです。心の病の基である脳の特定の部位に磁気を用いて働きかけることによって低下した脳機能を元に戻していく治療を行っております。精神疾患の方や心身症の方、両方いらっしゃいます。
ぜひ、お気軽にご相談ください。

関連コラム記事

その他のコラム記事