うつ病とノイローゼの違い

うつ病とノイローゼの違い
うつ病とノイローゼの違い
うつ病とノイローゼの違い

ノイローゼとは、神経症の一つで不適応障害のことをいい、ドイツ語の「Neurose」を訳して神経症、つまり精神疾患です。
日々のストレスから胃痛がしたり、呼吸が乱れたりなどの症状がみられるようです。
神経症という精神疾患とのことから、うつ病と混合されやすいノイローゼについて、説明していきます。

うつ病とノイローゼは
似て非なるもの

精神病レベル(妄想・錯乱・幻覚など)まで至らない軽度の特徴もあり、入院などを要することはあまりないそうです。
一方、うつ病に関しては、発症の原因がはっきりとわかりません。しかし、環境に適応できなかったことによる不安や落ち込みなどでストレスが蓄積し、脳の神経伝達物質などに何らかの変化が生じ、症状が慢性化するようです。
うつ病とノイローゼの大まかな特徴は、ノイローゼは神経症のことであり、不安などを原因とし、入院を必要としない程度の不適応障害といわれています。
うつ病は、憂鬱な気分が長期間続く精神的な病気といった違いがあるようです。
このように、別の病気ですのでノイローゼから、うつ病を併発することもあります。

ノイローゼ
=神経症の代表的な病名

神経症は「不安」が発症源とされています。
神経症にはノイローゼの他にも病態があり、症状もさまざまです。しかし、「不安」という部分でだけは、共通点であるといわれています。
いくつか代表的な神経症をご紹介します。

  • ・強迫神経症

    衝動や行為を抑制することができず、自身の必要性概念が極めて低いのが特徴といわれています。

  • ・パニック障害

    激しい不安に突然襲われます。息切れや頻脈などの身体症状もあるようです。

  • ・ヒステリー(解離性障害・転換(てんかん)障害)

    解離ヒステリーは、感情のコントロールが出来ず、周囲の人を驚かせます。しかし、激しい興奮状態だったにも関わらず本人は全くの記憶がない状態「健忘」が起こることが多いようです。
    転換ヒステリーは、ストレスや葛藤、怒り、こだわりの感情が転換され、身体症状にあらわれます。めまい、頭痛、消化器不良、喘息、のどの痛みなどが主な症状だそうです。

  • ・社会不安障害

    恐怖症と呼ばれる神経症です。大勢の前で話をしたり、初対面の人と会うと緊張するなど誰もが日常的に経験することでも、不安や緊張、身体の症状が会話にも支障をきたすほど著しく過度な緊張を催します。やがて、社会状況や行為を避けたくなり、結果、外出できないなど社会生活に支障が出てしまう状態だそうです。

  • ・抗うつ神経症

    常日頃から抑うつ的な気分に陥っている状態です。
    気分変調性障害とも呼ばれ、自尊心の低下・無力感・快感喪失・不活発などが特徴であり、全て自分が悪いなどと思いこんだり、怒りっぽくなったりもするようです。
    うつ病と重なる症状もありますが、別の疾患となり、落ち込みの度合いはうつ病よりも軽く、しかし長期間にわたる点が特徴的です。

ノイローゼの主な精神症状の特徴

ノイローゼの主な精神症状の特徴は、以下の通りといわれています。

  • ・不安

    不安はノイローゼの症状としては最も多く、先回りをして心配になったりと「予期不安」が起こりやすいようです。何も起こっていないのに悪い出来事を想像したりします。

  • ・心気的

    自分が病気ではないかと、不調に対して敏感になります。一度思い込むと、病気であるとくよくよしたり、不安を身近な人に訴えたり、いくつも病院を回る傾向があります。この症状が悪化し、継続的になると心気症という状態になるようです。
    心気症は、いくつかあるノイローゼの種類の1つです。

  • ・医師への依存

    治療を行っている方は、主治医に対して、強い尊敬と信頼感を抱きます。
    異性の医師である場合は愛情のような気持ちを持つケースもあるようで、同情を引いたり心配をかけるなどして独占しようとする気持ちが強い傾向がみられます。

  • ・被暗示性が高い

    「被暗示性」とは、暗示にかかりやすい度合です。周りからの言動などに影響され、不安に陥ることがあるようです。気分がガラリと変わってしまうのも、被暗示性が高い人に多くみられるそうです。

  • ・自分の症状に執着する

    ノイローゼ気味の自分を観察し、記録を取ったり、症状の変化に神経を張りつめたりするといった執着を示します。

このようにノイローゼは多種多様に症状があり、これらの症状が重症化するとうつ病に移行するケースも少なくはないようです。

ノイローゼの治療方法

ノイローゼの治療方法
ノイローゼの治療方法

ノイローゼは神経症の一つであり、精神科・心療内科での治療が適切といえます。
主な治療方法は、抗うつ薬や抗不安薬による薬物療法、認知行動療法などの精神療法になります。抗うつ薬は、うつ病に対する薬ですが、神経症に対しても効果が認められています。種類も豊富であり、医師の指示により適切な薬が処方されます。抗不安薬は、不安を緩和する薬であり、眠気作用や鎮静作用などが神経症への効果として認められています。しかし、抗うつ薬や抗不安薬は体内に服用する薬であるため、副作用が出る場合があります。医師の指示通りに服用することが重要とされています。副作用が辛い場合は、早めに主治医へ相談しましょう。
認知行動療法については、精神療法の一種であり、不安や恐怖の対象である原因を回避や克服するための反応を学習する治療を行います。段階を踏んで不安や恐怖の原因の回避・克服するための反応を学習していくので、無理なく徐々に回復していくイメージです。
ただし、近年ではノイローゼからうつ病や抑うつ状態に移行するケースも少なくはありません。ノイローゼの治療を行っているのに、効果が見られない場合などは、うつ病の併発も考えてみることも大切です。

ストレスやうつ症状について
ぜひご相談ください!

うつ病を併発した場合の治療方法

ノイローゼはうつ病とは似て非なる病です。
そのため、ノイローゼとうつ病を併発する可能性があります。
うつ病の治療方法は、薬物療法が一般的とされています。その他に精神療法や電気けいれん療法などが有名です。それぞれに歴史があり、実績のある治療方法と言われていますが、副作用や長期療養などの心身や経済的な負担も否定できません。
しかし、近年では医学の進歩により、心身に負担が少ない治療方法も開発されてきています。うつ病治療の選択肢の幅が広がってきています。
ご自身に合った治療が早期回復へと導きます。

新宿ストレスクリニックで
心身への負担が少ない
新しいうつ病治療を

新宿ストレスクリニックは磁気刺激治療(TMS)の専門クリニックです。
薬に頼らない治療は、抗うつ薬による副作用などに困っていた方や抵抗のある方に有効です。また、他の疾患の治療と並行して治療が可能です。

薬に頼らない磁気刺激治療(TMS)とは

磁気刺激治療(TMS)は、脳に磁気をあて、磁気の刺激により、機能低下した脳を回復させる治療方法です。電気けいれん療法との違いは、大きく分けると電気と磁気といった点ですが、入院する必要がなく、健忘などの副作用の心配もありません。
患者さんの安心して取り組める治療、心身の負担が少ない治療をしたい。という思いを一番に考えた治療方法です。

短期間の治療が可能です!
薬に頼らない新たなうつ病治療があります!

客観的に今の状態を知る光トポグラフィー検査とは

新宿ストレスクリニックは、厚生労働省認可の光トポグラフィー検査を導入しています。
光トポグラフィー検査とは、安全な近赤外光で頭部の血流を測定して、健常、うつ病、双極性障害(躁うつ病)、統合失調症のパターンをそれぞれ判別する検査です。
医師の問診と検査結果を併せた診断が可能になり、より正確な診断ができるようになりました。今の状態を知ることは、うつ病治療の第一歩ともいえます。原因を知り、その原因に合った治療方針を提供します。

状態を正確に知ることが大切です!
うつ病かどうかをグラフデータで診断サポート!

本 将昂

【監修】本 将昂医師

2011年京都大学医学部卒業。現在、新宿ストレスクリニックの名古屋院院長。それぞれの患者さんにとって何か最善であるかを考え、患者さんfirstの精神で治療を行います。
精神保健指定医 日本精神神経学会認定精神科専門医

新宿ストレスクリニックでは、うつ病かどうかが分かる「光トポグラフィー検査」や薬を使わない新たなうつ病治療「磁気刺激治療(TMS)」を行っております。
うつ病の状態が悪化する前に、ぜひお気軽にご相談ください。

その他のうつ病を併発している可能性の高い症状のコラム記事

その他のコラム記事