HSP(ハイリー・センシティブ・パーソン)とは?その特徴や症状

HSP(ハイリー・センシティブ・パーソン)とは?その特徴や症状
HSP(ハイリー・センシティブ・パーソン)とは?~正しい知識で理解する大切さ~
HSP(ハイリー・センシティブ・パーソン)とは?~正しい知識で理解する大切さ~

人の言動に動揺しやすかったり、人の感情に自分の気持ちも左右されてしまったり、周囲の音、光、匂いなどが気になって仕方なかったり。あなたは今、そんな毎日を過ごしながら世の中を「生きにくい」と感じているかもしれません。

職場や学校、組織に属するのが息苦しく、自分を変えなければと悩んでいる方もいるでしょう。ですが、それは生まれ持った性質「HSP(エイチエスピー)」かも。HSPのセルフチェックもありますので、ぜひ読み進めてみてください。

HSPとは
~敏感すぎて傷つきやすい~

生きづらさを感じたことはありますか?

みなさんは「HSP」とは何か、ご存じでしょうか?

英語では、Highly Sensitive Person(ハイリー・センシティブ・パーソン)といい、「ひといちばい繊細な人」という意味で、この頭文字を取ってHSP(エイチエスピー)と言います。これは90年代のはじめ、繊細な人についての研究をはじめたエレイン・アーロン(Elaine Aron)博士によって付けられた「人の気質」を表す名称です。

アーロン博士によると、人口の約20%の人はHSPだといいます。また、人に限らずコバエ、鳥、魚、イヌ、ネコ、馬、霊長類など、100種類以上の動物に同じ気質が見られることから、「繊細さ」は生きとし生けるものすべての生存本能「生き残るための戦略のひとつ」であると考えられています。

ですが、こうした気質を持つ人は職場や家庭など生活の中で気疲れしやすく、生きづらいと感じている方が多いのです。

HSPの特徴

HSPの方は、周囲の状況にとても敏感です。

アーロン博士によると、HSPには「DOES(ダズ)」と名付けた4つの特性があるといいます。

Depth of processing】
考え方が複雑で、深く考えてから行動する

  • 一を聞いて、十のことを想像し、考えられる
  • 調べ物をはじめると深く掘り下げ、その知識の広さを周りに驚かれる
  • お世辞や嘲笑をすぐに見抜いてしまう
  • 物事を始めるまでにあれこれ考え、時間がかかる
  • その場限りの快楽よりも、生き方や哲学的なものごとに興味があり、浅い人間や話しが嫌い

Overstimulation】
刺激に敏感で疲れやすい

  • 人混みや大きな音が苦手
  • 友達との時間は楽しいものの、気疲れしやすく帰宅すると、どっと疲れている
  • 映画や音楽、本などの芸術作品に感動して泣く
  • 人の些細な言葉に傷つき、いつまでも忘れられない
  • 些細なことに過剰なほど驚いてしまう

Empathy and emotional responsiveness】
人の気持ちに振り回されやすく、共感しやすい

  • 人が怒られていると自分のことのように感じ、傷ついたり、お腹が痛くなったりする
  • 悲しい映画や本などの登場人物に感情移入し、号泣する
  • 人のちょっとした仕草、目線、声音などに敏感で、機嫌や思っていることがわかる
  • 言葉を話せない幼児や動物の気持ちも察することができる

Sensitivity to subtleties】
あらゆる感覚がするどい

  • 冷蔵庫の機械音や時計の音が気になってしまう
  • 強い光や日光のまぶしさなどが苦手
  • 近くにいる人の口臭やタバコの臭いで気分が悪くなる
  • カフェインや添加物に敏感に反応してしまう
  • 肌着のタグなどチクチクする素材が我慢できないほど気になる
  • 第六感がはたらき、よく当たる

この他、絶対的に一人の時間が必要な人、子供のころ親や先生に「繊細」「人見知り」と評価されやすかった人もHSPの可能性が高いといえるでしょう。

しかしながら、アーロン博士は4つのうち1つでも当てはまらない人はHSPではない、と定義しています。例えば、4つのうち3つに当てはまっていたとしても、1つはあまり当てはまらないと感じるなら、あなたは「HSP=人一倍繊細な人」ではなく、性格的に「内向的な人」の可能性が高くなります。

HSPは病気ではありません

HSPという名前だけを聞くと何かの病気と思われがちですが、これは病名ではありません。

HSPの繊細さや敏感さは生まれ持った「気質」です。気質とは、その人が生まれながらに持っている感受性や気分の傾向などを指す心の特徴で、環境などに影響される性格と違って後天的に変えることはできません。

HSPは非HSPの人と比べて、脳内の神経が高ぶりやすい傾向にあります。

ストレスを感じやすいHSPの人はもともとストレスを処理する「扁桃体」が活発で、不安や恐怖を感じ取りやすいのです。さらに、激しい感情などが起こったときに分泌される「ノルアドレナリン」や、俗にストレスホルモンとも呼ばれる「コルチゾール」も非HSPの人に比べて分泌されやすいため、さまざまなことを警戒し敏感に反応してしまいます。

また、発達障害やうつ病、アスペルガー症候群(ASD)ともまったく違います。しかし、どこか似たような特徴が現れるため、誤解もされやすいのが現状です。

HSPとうつ病の違い

HSPのセルフチェック

HSPのセルフチェック
HSPのセルフチェック

似たような症状が現れるHSPとうつ病。

うつ病によく見られる、「眠れない」「疲れやすい」「気分が落ち込む」「自信が持てない」などの特徴がHSPにも見られるためです。大きく違うのは、うつ病にはそれらの特徴に合わせて「自殺願望」が加わること。

また、以前は違ったのに物事の感じ方が変わり、落ち込みやすくなったという人はうつ病の可能性があります。HSPは生まれついての気質なので、“以前”が存在しません。

HSPについては、以下の「日本版HSP尺度(HSPS-J19)」を参考にしてみましょう。

「日本版HSP尺度(HSPS-J19)」は、何個以上だとHSPという線引きではなく、項目に当てはまるのがHSPという目安のチェックリストです。

  • 大きな音や雑然とした光景のような強い刺激が不快で、わずらわしいと感じる
  • 忙しい日々が続くと、暗い部屋やベッドなどのプライバシーが得られる場所に逃げ込みたくなる
  • 他人の気分に左右される
  • 短時間しなければならないことが多いと、気が動転してしまう(オロオロするなど)
  • 生活や環境に変化があると混乱する
  • 子どものころ、親や教師から「内気だ」や「敏感だ」と、見られていた
  • 美術や音楽、芸術に深く感動する
  • 繊細な香りや味、音や音楽が好き
  • 一度にたくさんのことを頼まれるとイライラする
  • ビクッとしやすい

参考:Highly Sensitive Person Scale日本版(HSPS-J19)の作成 髙橋亜希 感情心理学研究 (2016 年 23 巻 2 号 p. 68-77)

HSPは気質なので、HSPを治す、ということは不可能です。

HSPであれば自分の気質とゆっくり向き合い、うつ病であれば医師の指示のもと正しく治療していきながら、ご自身についての理解を深めていきましょう。

HSPはうつ病を併発することも

HSPの人は、学校など幼少期のコミュニティでも生きづらさを感じています。社会人になって組織の中で働きはじめると、さらにその辛さが増していくでしょう。

もともと脳内に高すぎるほどのアンテナを張ってあらゆる情報を感じ取っているHSPの人にとって、複数の仕事を短時間で達成するよう要求されることはこれ以上にない負担です。パニックになってミスが増えたり、人一倍強い「頼まれごとを断ってはいけない」という思い込みで仕事を抱え込んだりしてしまうことも。

何より怖いのは、「生きづらいのは弱い人間だから」と自分を責めてしまいやすいところです。こうした気持ちは時を追うごとに睡眠障害やパニック症状へとつながり、やがてうつ病へと進行してしまう可能性があります。

例えば、「1日中憂うつな気分が続いている」「何に対しても興味や喜びが持てない」といった症状が2週間以上続いている場合は、うつ病を発症している可能性もありますので、お早めに精神科や心療内科に受診することをお勧めします。30秒でできるうつ病のセルフチェックがありますので、気になる方はこちらをぜひ試してみてください。

HSPの人は、繊細な気質なゆえにうつ病になりやすい傾向があります。うつ病は早期発見が早期回復につながります。一般的にうつ病が深刻化すると、もとの元気な状態に戻るまでに時間がかかるといわれています。だからこそ、鬱っぽい症状が続いた時は、精神科や心療内科の専門医に早めに相談することが大切です。

ストレスやうつ症状について
せひご相談ください!

参考:HSPとは 
『日本の人事部』(http://jinjibu.jp

うつ病は専門の医療機関での
治療が必要です

うつ病の治療は、精神科や心療内科など専門の医療機関で治療していく必要があります。

日本で一般的に行われている治療は、「薬物療法」や「認知行動療法」、重度の場合は、「電気けいれん療法」などを行う場合があります。それぞれに歴史があり、実績がある治療ではありますが、薬物療法や認知行動療法には、薬による副作用や長期療養、電気けいれん療法では、入院が必要になり、一時的な健忘などの心身への影響が出たりします。

さらに、カウンセリングや休養と併せて行っても、症状の改善までは長い療養期間が必要です。

最近は医療の進歩により、上記の治療法以外にも新たな治療の選択肢が増えました。薬物治療で効果がみられない方や抗うつ薬に抵抗がある方、短期間でうつ病を改善したい方などにもおすすめできる治療。それが、新宿ストレスクリニックで導入している「磁気刺激治療(TMS)」です。

短期間の治療が可能です!
薬に頼らない新たなうつ病治療があります!

薬を使わない新たなうつ病治療を
新宿ストレスクリニックで

新宿ストレスクリニックは、これまで磁気刺激治療(TMS)の専門クリニックとして数多くの症例と向き合ってきました。新宿ストレスクリニックが大切にしているのは、患者さんにストレスのかからない治療。できる限り副作用を最小限にする検査と治療をご提案し、患者さんと二人三脚で診療方針を考えていきたいと思っています。

光トポグラフィー検査とは

光トポグラフィー検査は、脳の血流を数値でグラフ化する厚生労働省認可の検査です。

人はストレスがたまると脳の血流が悪くなることから、うつ病は脳の病気であり、血流が悪くなった状態が続くことで精神面にも大きな影響が出ると考えられています。

この検査では、安全な近赤外光で頭部の血流を測定し、健常、うつ病、双極性障害(躁うつ病)、統合失調症のパターンをそれぞれ判別していきます。

検査全体の所要時間は約15分です。光トポグラフィー検査の結果と問診と合わせて状態を分析していきますので、より正確な診断が行えます。他院でうつ病と診断されて薬を飲んでいる方にとっても、今の脳の状態を数値化できるため治療へのモチベーションにつながるでしょう。

状態を正確に知ることが大切です!
うつ病かどうかをグラフデータで診断サポート!

磁気刺激治療(TMS)とは

磁気刺激治療(TMS)は、うつ病の新しい治療として注目されている治療法です。

うつ病の人は「背外側前頭前野(はいがいそくぜんとうぜんや)」という脳の部位の血流が悪くなっている傾向があります。背外側前頭前野は、判断、意志、興味などに働き、恐怖や不安、悲しみ、自己嫌悪などの感情をつかさどる扁桃体(へんとうたい)のバランスを整える脳。機能が低下するとやる気がなくなり、ネガティブな感情が強く出やすくなります。

磁気刺激治療(TMS)は、うつ病によって血流の悪くなった背外側前頭前野を電気で刺激し、脳を正常に働かせることでうつ病を改善する治療です。

長い間、うつ病治療の主流であった頭部を電気で刺激する「電気けいれん療法」は、体への負担が大きいため、治療後は学校や会社などを休む必要がありました。しかし磁気刺激治療(TMS)であれば、治療による副作用がほとんどなく、1回の治療時間は約20分。日常生活の合間に治療を受けられます。

約1ヵ月半~6ヵ月という短い治療期間で効果が出やすいところもメリットでしょう。実際に、新宿ストレスクリニックで行われた治療ではこれまで約8割の人に症状の改善が見られています。

短期間の治療が可能です!
薬に頼らない新たなうつ病治療があります!

HSPはうつ病に似た症状が出ること、そうしてご自身の特性に悩んでいくうちに本当にうつ病を発症してしまう可能性もあります。まずはセルフチェックを行ってみて、うつ病に近いのではと思った場合は、お早めにご相談ください。

現代社会では、「繊細な人」というとマイナスイメージにとらわれがちです。けれど、HSPの繊細さは物事を多角的に見て、深く考えられる、人に優しい気質だといえます。

今の自分を変えたい、自分を成長させたいと努力することはとても良いことですが、あなたのその繊細さは組織の中で生かされるべき大切な素質です。「人口の約20%しかいない気質で周囲から理解されにくい」のではなく、「人口の約20%の人しか持ち合わせていない才能」を認め、生かし、あなたの中に眠るポジティブな気持ちを大切にしていきましょう。

本 将昂

【監修】本 将昂医師

2011年京都大学医学部卒業。現在、新宿ストレスクリニックの名古屋院院長。それぞれの患者さんにとって何か最善であるかを考え、患者さんfirstの精神で治療を行います。
精神保健指定医 日本精神神経学会認定精神科専門医

新宿ストレスクリニックはうつ病かどうかが分かる「光トポグラフィー検査」や薬を使わない新たなうつ病治療「磁気刺激治療(TMS)」を行っております。
うつ病の状態が悪化する前に、ぜひお気軽にご相談ください。

HSPに関連するコラム記事

その他のうつ病を併発している可能性の高い症状のコラム記事

その他のコラム記事