うつ病治療の病院は変えてもいい~自分に合う病院を探す利点~

うつ病治療の病院は変えてもいい~自分に合う病院を探す利点~
うつ病治療の病院は変えてもいい~自分に合う病院を探す利点~
うつ病治療の病院は変えてもいい~自分に合う病院を探す利点~

うつ病治療は、先の見えない、長く暗いトンネルのように感じるものです。
それでも、少しずつでも快方の兆しが見えたり、日々の心の重みが少しずつでも軽くなったりしていくのを実感できれば、それは素敵なことですよね。
しかし、誰もがそんな幸せな治療体験をするわけではありません。
中には長引く治療の末に何の結果も感じられず、ただただ薬の影響が身体に残ってしまうような人も、いらっしゃいます。
そんなときは、まず「セカンドオピニオン」ということから考えてみるのもよいでしょう。
うつ病に限らず、現在の治療に疑問を持ち、セカンドオピニオンを受け病院を変えた方もいらっしゃるはずです。
うつ病の場合は特に、現在の治療が合わないと感じたら病院を変えることが、大切である場合もあります。

現在の治療に
効果を感じていますか?

うつ病以外でも、通院することが億劫になるときはあります。
しかし、医師や専門医の治療に批判的になったり、その結果病院を変えたりするのは、病人なのにおこがましく感じわがままを言っているように感じることもあると思います。
そのうえ、うつ病のような状態では特に自分に否定的で内罰的になっていますので、よりそう感じることでしょう。
しかし、だからこそ、セカンドオピニオンを受けたり病院を変えたりすることは必要な場合もあるのです。

うつ病の治療がストレスになっては意味がない

うつ病の原因はいろいろ言われていますが、その大きな要因の一つは、ストレスです。
そう、うつ病にもその治療にもストレスは大敵です。
それこそ、病院に通うこと自体がストレスになったり、現在の医師の治療に不満を感じてしまい、ストレスを増やすようになっては意味がありません。
それはマイナスでしかないのです。

病院に通うストレスは小さくありません

仕事を休んで昼間に通院しなくてはいけない。
総合病院なので他の患者さんが多く、待合室でたくさんの人の目にさらされなくてはいけない。
自分の空いている時間に病院が閉まっている。
他の人から見れば「休めばいいのでは?」「気にしなければ良いのでは?」「わがままだよ」と言われそうなことですが、うつ病に苦しんでいるつらい時期にはそうはいきませんよね。
普通に我慢できることもできなくなる、悪いのは自分ではないのに自分を責めてしまう。
そんな精神状態のときですから、こういった些細なことでも大きなストレスになりますし、それに対して自分を押し殺して我慢する必要はありません。
些細なストレスでも、回避してしまっていいのです。

医師との相性がストレスになることも!?

うつ病の患者さんにとって、人と接するというのは決して安易なものではありません。
ですから、カウンセリングや治療を行う医師との関わり合いは他の病気と比べても影響は大きいですし、なかなか難しいところはあります。
特に、うつ状態を診断する際には、個人的なことも話す必要がありますから、信頼関係も大切です。
人によっては、話やすい、話しずらいなどの個人差もあると思います。まずは、何度か通ってみて、相性の合う・合わないを感じ取ることも、病院選びのポイントになるでしょう。

うつ病の薬に対する不安感も
大きなストレスです

抗うつ薬には副作用というものがあります。
代表的な抗うつ薬の副作用は、口が渇く、ムカムカする、吐き気がする、便秘、眠気、排尿障害、ふらつき、めまい、不眠、性機能障害、体重増加などです。
まず、この副作用だけでも、心身には大きなストレスです。うつ病の薬というのは必ず誰にでも効くというものでもなく、その効果の度合いも人によって違うという特徴をもっています。
また、効果が感じられない場合は、他の抗うつ薬と併用したり、増量したりする対応をする場合もあります。
そのため、経済面でも抗うつ薬の費用が負担になるなど、心理的プレッシャーはどんどんと増すばかりになってしまうのです。
さらに、治療途中で抗うつ薬の服用を、自己判断でやめてしまうと、離脱症状に苦しむこともあります。その離脱症状から、抗うつ薬を飲むのをやめてしまったら自分の状況がさらに悪化するのではないか?という感覚に陥り、服用する→元気になる→自己判断でもう大丈夫と中断する→離脱症状に苦しむ→服用するといった、サイクルになってしまう可能性もあります。
それはもうある意味、薬による新しい病気と言えるほど辛いものです。

うつ病の薬に対する不安感も大きなストレスです

無理をしない、
それが新しい考え方

うつ病の治療は、これまで抗うつ薬に頼ることが多いものでした。
また、うつ病や特に新型うつとされるものに関しては、それが病気だと認識されずにわがままや怠惰であると捉えられて、自分の意見をなかなか言えない時代も長く続きました。
しかし、今はもう、そんな考え方に惑わされる必要はありません。

治療の主役は患者さん

言うまでもないことですが、うつ病に限らず病気における治療の主役は医師ではなく患者さんです。
それがうつ病であればなおさらです。
そのため、患者さんが我慢する必要も無理をする必要もないのです。
患者さんにとって、最も心身への負担が少ない治療方法を探して病院や医師を変えることはなにも珍しいことでも特別なことでもありません。
ご自身に合う適切な治療を選ぶことは、大切です。

セカンドオピニオンも受付けています!

ストレスなく通える病院を探そう

近所で評判の病院、知り合いが勧めてくれたクリニックなど、周りの方から情報を得ることも大切です。
しかし、うつ病のような特に難しい病気の場合は周りの方の情報に加え、患者さん自身が行ってみてどう思うかが最も大切です。
例えば予約の都合がつけやすい病院や交通の便だけではなく、人目が気にならない位置にある病院などを優先事項で選んでも構いません。
病院内が明るいことや雰囲気が素敵という理由でもよいのです。
大事なことは病院に通うことがストレスにならない、つまり病院に通いたくないと思わないということが重要ですから、理由は何だっていいのです。
少しでもストレスが小さく、負担の軽いクリニックや病院。それが一番です。

相性の合う医師がベスト!?

うつ病の患者さんにとって、相性の合わない医師というのは、なるべく回避したいところですよね。
それは治療方法に疑問があることや治療期間に不満があるという実質的な理由や個人的な相性もあると思います。
そのため、最も良いのは、専門的な知識を持った医師が多数在籍する病院やクリニック。
精神科・心療内科の場合は、「精神保健指定医」の資格を持つ医師であれば、5年以上医師の経験あり、精神科医として3年以上従事しているので、経験や実績が豊富な可能性が高い場合があります。
従って、なるべく経験豊富な医師がいるところを選ぶといいでしょう。

抗うつ薬を投与しない医師を選ぶ
という選択もある

  • 月経不順
  • 甲状腺ホルモンの乱れ
  • 更年期障害など

現在、多剤投与は問題として、メディア等に取り上げられることも多くなってきています。
また、うつ病の薬というのは投与すれば必ず効果があるというわけではなく、特に軽度のうつや新型うつには効かない傾向が見られるものです。
また、重いうつ病であっても不安障害などを併発している場合も効きにくくなる場合があります。
ですから、効かない薬を飲み続けていると感じた場合は、セカンドオピニオンを受けてみることをおすすめします。
現在は、医学の研究の進歩で、抗うつ薬を投与しない治療をしてくれる病院やクリニックもあります。
治療の選択肢が増えたことにより、辛い副作用と不安に耐えながら抗うつ薬を飲み続ける必要がなくなりました。

短期間の治療が可能です!
薬に頼らない新たなうつ病治療があります!

薬の効果が不安な方!
セカンドオピニオンを受付けています!

新宿ストレスクリニックは
セカンドオピニオンも
受付けています

現在の治療に不安や辛さを感じている方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

新宿ストレスクリニックは
患者さん目線を大切にしています

新宿ストレスクリニックは、完全予約制であり、経験豊富な医師が1人1人の患者さんにじっくりと向き合います。
うつ病は、症状よっては、休職や退職をせざる負えない状況になる場合もあります。
そのため、仕事を休むことで生じる経済的不安が、うつ病患者さんの負担にもなります。
また、精神科への通院が人の目にさらされることでの対人的不安や外出も困難な患者さんは治療時間に間に合わなかったり、遠かったりすることで通院が負担に感じたりすることもあります。
新宿ストレスクリニックは、少しでも患者さんが通院しやすいように、東京(新宿)、愛知(名古屋)、大阪(梅田)の各院は最寄り駅から徒歩5分圏内の立地にあり、土日祝日も診療を行っています。
お仕事帰りに通院も可能であるため、休職や退職の心配がありません。
本院は夜8時まで、梅田・名古屋でも夜7時までとご都合に合わせた通院ができます。
また、各院がそれぞれ商業ビル内や地下にありますので、人目を気にせずに安心して通うこともできます。
院内の雰囲気も明るく、なにより気軽に相談できる医師や医療スタッフがいますので、精神的な負担をかけないように日々の院内改善を継続的に努めています。

うつ病の新しい治療方法とは
~抗うつ薬に頼らない治療は
新宿ストレスクリニックで~

新宿ストレスクリニックの治療方針は、抗うつ薬に頼らない治療です。
また、うつ病の診断をより正確にするために、光トポグラフィー検査を行っています。

光トポグラフィー検査

診断も医師による診察だけではなく、うつ病かどうかが客観的なグラフデータで分かる「光トポグラフィー検査」を導入しています。医師との十分な問診と併せて診察することにより、より正確な診断が可能になりました。
うつ病、双極性障害(躁うつ病)、統合失調症、健常が分かる検査なので、患者さんの状態に合わせた治療方針を提供することができます。

状態を正確に知ることが大切です!
うつ病かどうかをグラフデータで診断サポート!

磁気刺激治療(TMS)

新宿ストレスクリニックは、磁気刺激治療(TMS)の専門クリニックです。
磁気刺激治療(TMS)は、機能低下した脳を磁気の刺激により回復させ、うつ病を改善する治療方法です。
入院の必要もなく、副作用がほとんどなく、治療期間も約1ヶ月半~6ヶ月ほどで、依存性もほぼない治療方法です。
抗うつ薬による、治療を受けてきた患者さんは抗うつ薬治療に依存している傾向が強いため、なかなか抜け出せない方もいらっしゃいます。
しかし、新宿ストレスクリニックでは、実際に抗うつ薬の服用をゼロにされた患者さんもいます。
磁気刺激治療(TMS)は電気けいれん療法とも異なり、心身への負担が極めて少ない治療方法だといえます。

短期間の治療が可能です!
薬に頼らない新たなうつ病治療があります!

うつ病の治療は、医師だけではなく患者さんの治療への認識や理解も必要です。
現在、抗うつ薬治療の副作用で悩まれている方や抗うつ薬に抵抗がある方、どうしたらよいか分らなくなっている方など、さまざまな思いがあると思います。
しかし、共通していることは「治したい!」という気持ちだと思います。
患者さんの「治したい!」をサポートします。いつでもお気軽にお越しください。

本 将昂

【監修】本 将昂医師

2011年京都大学医学部卒業。現在、新宿ストレスクリニックの名古屋院院長。それぞれの患者さんにとって何か最善であるかを考え、患者さんfirstの精神で治療を行います。
精神保健指定医 日本精神神経学会認定精神科専門医

新宿ストレスクリニックはうつ病かどうかが分かる「光トポグラフィー検査」や薬を使わない新たなうつ病治療「磁気刺激治療(TMS)」を行っております。うつ病の状態が悪化する前に、ぜひお気軽にご相談ください。

うつ病治療の病院に関連するコラム

その他のうつ病を併発している可能性の高い症状のコラム記事

その他のコラム記事