ギャンブル依存症とうつ病の関係について

ギャンブル依存症とうつ病の関係について
ギャンブル依存症とうつ病の関係について
ギャンブル依存症とうつ病の関係について

大金を手にできるチャンスと大金を失うリスクを併せ持つギャンブル。パチンコや競馬など最初は遊びのつもりでも、お金をつぎ込むうちに離れられなくなる人が後を絶ちません。ギャンブルには麻薬のような依存性があり、いずれ治療の必要な依存症となる危険性をはらんでいます。ここでは、まったく別もののようでいて関係の深い、ギャンブルとうつ病の関係についてお話ししましょう。

ギャンブル依存症とは

ギャンブル依存症

「ギャンブルをしたい」という欲求が我慢できず、その欲求が暴走してしまう病気です。
ギャンブルをすることで脳内のドーパミンが分泌され、快感を覚える報酬系回路が異常なほど活性化されてしまうのです。ギャンブルをすればするほど症状が重くなるものの、特効薬はなく、不治の病といっても過言ではない自然治癒が難しい病気だといえます。
厚生労働省の発表によると、国内のギャンブル依存症の患者数は約500万人。パチンコやパチスロへの依存が大半を占め、本人や家族を苦しめています。

ギャンブル依存症の原因

ギャンブルには、触れるだけで簡単に快感を得られる要素がたくさんあります。「自分が何をしたいのかわからない」「未来に夢を持てない」と虚無感を持ちやすい現代人にとって、ギャンブルはその心の空洞を埋めるツールになっているのです。
しかし、ギャンブルで得た快感はつかの間の幸福感を与えてくれますが、本当の意味で欠けた心を埋めてはくれません。ギャンブルをしていないときの空しさが余計に浮き彫りにされ、さらにギャンブルへのめり込んでいく悪循環に陥っていきます。
ギャンブル依存症になりやすい人は、意外にも毎日会社に行って、会社では周囲の人から信頼されている、仕事のできる人であることが多いにあります。人からの信頼や期待に応えようとする真面目な正確から人に相談したり、こまめに発散したりすることができず、人知れずひっそりストレスを解消しようとしてギャンブルにはまってしまうのです。
また、真面目で自分をコントロールできる人は、自己否定をしやすい傾向もあります。依存症という言葉が持つ、「依存症=意思の弱い人間」「依存症=ダメ人間」といったマイナスイメージもまた、ギャンブルに依存している自分を否定する材料になり、ますます依存性を高めてしまう原因になっていきます。

ギャンブル依存症の主な症状

ギャンブル依存症とうつ病の関係について

依存症はまず自分の状態を自覚し、認めることが大切です。
パチンコやパチスロ、競馬などに対し、以下のような状態にある場合は、「遊び」の域を超えてギャンブルに依存している可能性があります。

  • ストレスやイライラのはけ口としてギャンブルをしている
  • 四六時中ギャンブルのことが頭を離れない
  • 稼いだお金はほとんどギャンブルに使っている
  • 「負けた分を取り返すまでは」と理由(言い訳)をつけてギャンブルに通っている
  • ギャンブル資金を確保するため、生活費をつぎ込んだり、キャッシングなどでお金を借りたりしている
  • 家族にバレないようギャンブルに使った金額を隠している、またはウソをついている
  • 違法行為によってギャンブル用の資金を調達する
  • 友達や職場の人からお金を借りるなどの金銭トラブルで、人間関係を壊した
  • 「やめる」と決心しても、すぐにギャンブルに手を出してしまう
ギャンブル依存症とうつ病の関係について

ギャンブル依存症の対策

ギャンブル依存症の対策には、家族をはじめとした身近な人の協力が不可欠です。先にもお話しした通り、依存症は自分でどうにかできる病気ではありません。
とはいえ、依存症からの回復のためにまず大切なのは、身近な人は本人に無理矢理やめさせようとしないこと。「なんでやめられないの」「絶対にギャンブルへ行ってはダメ」と責めるだけでは、本人を精神的に追い詰めるばかりで、余計に依存度を高めてしまいます。その上で、以下のような注意点を徹底させましょう。

借金を肩代わりしない、お金を貸さない
ギャンブルをやめられないと借金が膨み、身近な人は心配になって金銭的な援助をしようとしてしまいがち。特に家族は人ごとではないため、お金を貸したり、借金を返済したりしてしまいたくなるでしょう。ですが、依存症が治らないうちに借金がなくなる、借りられるお金がある、という状況をつくってしまうと依存症の回復を遅らせてしまうだけです。本人にも気持ちの緩みが生まれ、せっかく治りかけていた依存症も再発させてしまう危険性があるので、絶対に借金の肩代わりをしてはいけません。
過去に原因を探さず、「これから」の対策を考える
幼いころの生活環境や親の接し方、人生の挫折など、依存症になった原因を探して責めても解決にはなりません。大切なのは過去ではなく、これからです。依存症を治すために何ができるのか、何をするべきなのか、今の状態を大前提とした対策に全力を注ぎましょう。
本人とのコミュニケーションをよく取る
本人の行動を制限するより重要なのが、コミュニケーションを取ること。今、本人は何を考え、どんな気持ちでいるのか。本人と身近であるほど言いたいことはたくさんあると思いますが、それをぐっと飲み込み、まずは本人の言い分と心の葛藤に耳を傾けてあげてください。周囲の人も依存症への理解を深め、本人と同じ目線で治療に臨んでいく姿勢を持つことが大切です。

依存症の治療は、それ支える身近な人たちにも精神的な負担がのしかかります。その精神的負担がうつ病などの精神疾患へ進行することも少なくはありません。本人や身近な人だけでは解決でいない場合もあるので、依存症やうつ病については精神科や心療内科などへ相談しましょう。

ストレスやうつ症状について
せひご相談ください!

ギャンブル依存症から
うつ病を併発する!?

ギャンブル依存症がうつ病を併発させる理由

パチンコ依存症最大の問題は、「金銭的な障害」と「精神的な障害」の2つ。前者は依存症の主な症状の項目でもお話したように、ギャンブルによって金銭感覚が狂い、生活や人間関係などに支障が出ることです。後者は、ギャンブルにのめり込むほど精神的なストレスが溜まっていたり、ギャンブルに依存することで気分の浮き沈みが激しくなったりすることで、うつ病を併発してしまう危険性が問題視されています。
パチンコやスロットを筆頭としたギャンブルは、短い時間の中で高揚感と落胆を行ったり来たりします。勝って喜び、負けてがっかりし、ときにお金が失われたことへの激しい怒りを感じることもあるでしょう。そうした強い感情が次々に起こると、脳は疲れてしまうのです。
うつ病の原因は未だハッキリとはしていませんが、脳への強いストレスが発症原因のひとつだといわれています。感情の起伏が激しくなれば当然、脳へのストレスも増し、うつ病への懸念も大きくなってしまうのです。
また、ギャンブルによる金銭問題はプレイ中だけではなく、日常生活の大きなストレス原因にもなります。例えばパチンコに生活費をつぎ込んでしまい、結果的に負けてしまったとしたら。これからの生活をどうしたらいいのか、お金を借りるべきか、借りたとしても返せる当てがなく、人に借りれば相手との関係に神経をすり減らし、またギャンブルでひとときの高揚感を得る……人間社会において金銭問題は、うつ病に直結してしまうほどに大きなストレスとなり得る問題なのです。
また、やっかいなことに、ギャンブル依存症とうつ病は併発していても気づかれにくい傾向があります。というのも、「うつ病はやる気がなくなるもの」という認識が強いため、ギャンブルへ楽しそうに通う様子がうつ病と認識されにくいためです。
依存症を発症している本人は、ギャンブルに行くことで気持ちが落ち着くから足しげく通ってしまっているのですが、周囲から見ると、その行動は何ごとにもやる気を失うはずのうつ病であるとは考えにくいのです。
実際には、ギャンブル依存症が必ずしもうつ病を併発しているとは限りません。しかし、ギャンブルへ依存している様子が見てとれたら、うつ病を併発している可能性を疑い、精神科や心療内科で一度相談してみることをおすすめします。

ストレスやうつ症状について
せひご相談ください!

うつ病について

うつ病は、主に気分への影響が強く現れる病気です。ほとんどの場合、治療によって回復可能な病気ですが、一度良くなってもまた繰り返してしまう可能性が高く、一度発症すると根本的な回復までに時間がかかります。
症状は精神症状と身体症状の両方が重なり合って発症し、その特徴はさまざまです。以下のような症状が出ている場合は、できるだけ早く医療機関を受診し、ご自身の状態をチェックしましょう。

【うつ病の主な症状】

精神症状
  • ・気分の浮き沈みが激しい
  • ・何に対しても喜べない
  • ・毎日無気力に過ごしている
  • ・絶望感が付きまとっている
  • ・自己否定が激しい
  • ・判断や決断ができない
  • ・今まで好きだったことや趣味に興味がわかない
  • ・自殺願望が続く
身体症状
  • ・倦怠感
  • ・めまい
  • ・頭痛
  • ・食欲不振
  • ・睡眠障害
  • ・体調の変動が激しく、朝は調子が悪く、夕方に回復する
  • ・自律神経症状

これらの症状は、風邪などの症状にも見られるもので必ずしもうつ病によるものとはいえません。最近ではうつ病の中でも病名が細分化し、職場うつ、女性うつ、介護うつなど生活環境に合わせた治療アプローチで、一人ひとりの症状に合わせたより早く、効果のある治療が模索されています。

うつ病の自己診断

新宿ストレスクリニック公式サイトにて、約30秒でできるうつ病の自己診断を公開しています。うつ病は、軽度から徐々に進行し、重度になると体が動かなくなったり、最悪の場合は自殺を考えたりすることもあります。ギャンブル依存症と診断されて抑うつ症状などが続くようであれば、一度診断してみることをおすすめします。
新宿ストレスクリニックでは、薬を使わないうつ病治療を行っていますので、心身に負担のかからない治療が可能です。

心身への負担が少ない
新しいうつ病治療

うつ病かどうかが分かる
「光トポグラフィー検査」

新宿ストレスクリニックでは、脳の血流を調べることで現在のご自分の状態がうつ病かどうか客観的にわかる「光トポグラフィー検査」を導入しています。検査方法は、専用の装置をつけるだけと簡単で、心身への負担はまったくありません。あとは機械が勝手に脳の血流をはかり、数値をグラフ化してくれます。
うつ病ではないかと不安がある場合は、光トポグラフィー検査の検査結果と医師の問診を併せた診断で、今後の対策についてより客観的で正確な答えが得られます。この検査は厚生労働省にも認可されている検査でもあり、安全面においても安心して受けていただけます。

状態を正確に知ることが大切です!
うつ病かどうかをグラフデータで診断サポート!

薬に頼らない「磁気刺激治療(TMS)」とは

医学の進歩が著しい現代では、「うつ病治療=抗うつ薬」ではなく、効果のあるさまざまな治療方法が選択できるようになりました。新宿ストレスクリニックで受けられる「磁気刺激治療(TMS)」もその新しいうつ病治療のひとつです。
磁気刺激治療(TMS)とは、脳に磁気を当てて刺激することで、脳の機能を回復させていく治療法です。うつ病が「心の病気」ではなく「脳の病気」をいわれるようになったのは、うつ病の人の多くが脳の血流や機能の働きが悪くなっていることを発見したためです。さらに、その悪くなった部分に磁気を当てると脳が正常に機能し、それによってうつ病も改善していくことがわかり、そのプロセスを促すのが磁気刺激治療(TMS)なのです。
「電気けいれん療法」と混同されがちですが、治療内容はまったく別もの。電気けいれん療法は全身に電気を流すため副作用が強く、治療前後に入院を必要としましたが、磁気刺激治療はほとんど副作用がなく治療後すぐにご帰宅いただけます。治療期間も約1ヶ月半~6ヶ月と短い期間で集中的に治療を行うことができ、症状改善の効果にも期待が寄せられています。
実際に、新宿ストレスクリニックで行われた治療では、これまで約8割の方に効果が見られています。

短期間の治療が可能です!
薬に頼らない新たなうつ病治療があります!

【参考サイト】

本 将昂

【監修】本 将昂医師

2011年京都大学医学部卒業。現在、新宿ストレスクリニックの名古屋院院長。それぞれの患者さんにとって何か最善であるかを考え、患者さんfirstの精神で治療を行います。
精神保健指定医 日本精神神経学会認定精神科専門医

■関連リンク

本 将昴医師が在院する新宿ストレスクリニック名古屋院のページはこちら

新宿ストレスクリニックはうつ病かどうかが分かる「光トポグラフィー検査」や薬を使わない新たなうつ病治療「磁気刺激治療(TMS)」を行っております。
うつ病の状態が悪化する前に、ぜひお気軽にご相談ください。

ギャンブル依存症とうつ病の関係についてに関連するコラム記事

その他のうつ病を併発している可能性の高い症状のコラム記事

その他のコラム記事