「何もしたくない」「心が疲れた」と感じているあなたへ

「何もしたくない」「心が疲れた」と感じているあなたへ
「何もしたくない」「心が疲れた」と感じているあなたへ
「何もしたくない」「心が疲れた」と感じているあなたへ

毎日、必死に仕事に取り組んだり、勉強を頑張ったり、人間関係で配慮し続けていると、「何もしたくない」「心が疲れた」と感じてしまうことがないでしょうか。
そんな時でも、忙しい業務が立て込んでいる、受験や大事な試験が近い、わたしがやらないと迷惑をかけてしまう、などと考えてしまうとゆっくりと休むことができません。
また、今の状況で休んでしまうと「怠けている」「甘い」「逃げた」などと思われてしまうと考えてしまうこともあるのではないでしょうか。

「何もしたくない」「心が疲れた」と感じてしまうことは、誰にでもあるものです。

忙しくて大変な状況だからこそ、そのように感じることも多いのではないでしょうか。
風邪をひいたときに、熱がでたり、体がだるくなったりすることは、休息が必要であるという体からのサインであるといわれます。
同じように「何もしたくない」「心が疲れた」と感じることは、休息が必要であるという心の叫びなのかもしれません。
また状況によっては、うつ病などが隠れていて、すぐにでも治療が必要なことも珍しいことではないのです。
ここでは「何もしたくない」「心が疲れた」と感じているあなたのために、原因や対処法、うつ病の見つけ方や治療法についてご紹介してきましょう。

「何もしたくない」「心が疲れた」
と感じてしまう原因

「何もしたくない」「心が疲れた」と感じてしまう原因
「何もしたくない」「心が疲れた」と感じてしまう原因

「何もしたくない」「心が疲れた」と感じる場合には、実際に心や体が疲れていることが多く、それが原因となって生じる心の叫びであると言えます。
原因をしっかりと自身で自覚できている場合はまだしも、忙しいときや休めないときなど状況によっては、その心の状態に気付けないこともあるかもしれません。
また、性格的に生真面目な人や努力家である場合には、「甘えてはいけない」と無理しようとしてしまうことがあるのではないでしょうか。
そのため、まずは「何もしたくない」「心が疲れた」と感じる原因を理解しておくことが重要です。

・仕事や勉強、人間関係などが過度な負担となっている
仕事や勉強、人間関係など、自分自身が関わっている生活の上で、大きなプレッシャーや負担を感じるような場面がある場合には、それがストレスとなっている可能性があります。
仕事で大きな取引を任されたものの、そのノルマをうまく達成できない状況になってしまうと、それがプレッシャーとなって、心が潰されそうになります。
また、受験を控えているのに勉強がはかどらないと、親からの期待も相まって大きなストレスを感じてしまうのではないでしょうか。
人間関係においてうまくいかなかったり、失恋してしまったりしたような場合においても、心はどんどん疲れてしまうのです。
・心だけではなく身体的な疲れもピークに達している
心と体は密接に繋がっており、身体的な疲れがある場合にも「何もしたくない」「心が疲れた」と感じることがあります。
仕事で忙しくしていて、毎日終電に乗って帰宅しているような状態であれば、いつか肉体的な疲れもピークも迎えてしまうことになるでしょう。
毎日、塾に通う必要があったり、遅くまで受験勉強を続けていたりすると、少しずつ疲れは蓄積していきます。
そのような状況においても、結果を求められてしまうのであれば、どうしても身体にまで疲れは及んでしまいます。
「心の疲れなんて感じない」という人こそ、肉体の疲れに注意しなければなりません。
・転勤や入学、引越しなど環境に変化があった

特に大きなストレスを感じる場面や肉体的な疲労を起こす場面がなかったとしても、環境の変化によって「何もしたくない」「心が疲れた」と感じることがあります。
環境の変化は、私たちが感じている以上にストレスになるものです。
転勤や入学では、「結果を出せるだろうか」「友達とうまくやっていけるかな」などと、知らず知らずのうちにプレッシャーとなっていることがあります。

また、嬉しい場面であっても、ストレスとなることがあります。
新しい家を購入して引越しするようなときには、地域に馴染むまで緊張するものです。
出産によって親になることを意識したり、出世して大きなプレッシャーがかかったりすることは、誰しもが感じることではないでしょうか。

「何もしたくない」「心が疲れた」
と感じたときの対処法

「何もしたくない」「心が疲れた」と感じたときの対処法
「何もしたくない」「心が疲れた」と感じたときの対処法

「何もしたくない」「心が疲れた」と感じるのは、体だけではなく心までも疲れを感じている時ですので、心がリラックスできるような取り組みが必要になります。
効果的な対処法として3つ挙げてみましたので、実践してみるようにしましょう。

・無理せず休息を取る
何もする意欲がわかない、心が疲れているという状態のときには、いったん疲れてしまうものから離れるようにすることが大事です。
しっかりと休息を取って、回復を感じられるようになったら、また取り組んでみるといいでしょう。
疲れを感じている時に仕事や勉強などに取り組んでも効率が悪く、さらに自分自身の疲労が積み重なる、という悪循環になってしまいます。
・生活リズムを意識して、睡眠時間をしっかり確保する
仕事などで忙しい人であれば、生活リズムを整えることによって、心の疲れを取り除くことができます。
早寝早起きを基本として、しっかりと睡眠を取るようにします。
ゆっくりと入浴してリラックスするようにし、就寝の2時間前までに入浴を済ますようにすると、入眠しやすくなります。
3食はきちんと摂るようにし、暴飲暴食は避け、栄養バランスも考えた食事を心がけるようにしましょう。
・適度な運動を心がけて、心身のリフレッシュに取り組む
心が疲れている時には、適度な運動に取り組むことによって、心身をリフレッシュさせることができます。
ウォーキングやジョギング、ストレッチ、ヨガなど軽めの運動であれば、全身の血流を改善し、心身の疲れを取り除くことができます。

うつ病が原因?うつ病の自己診断
(セルフチェック)をしてみましょう

心の疲れを感じるときでも、「少し休んだら回復するだろう」と安易に考えることがないでしょうか。
しかし、そのような状態からいつまでも抜け出せないのであれば、うつ病を発症している可能性があります。
まずはうつ病の自己診断(セルフチェック)をしてみることをお勧めします。
仕事が忙しい場合や受験が近づいている場合など、置かれている状況を考えれば、ゆっくり休むことができないと考えてしまうかもしれません。
しかし、実はうつ病を発症していて、その症状によって焦って不安な気持ちになっているのかもしれないのです。
特に気になる症状が2週間以上続いている場合には、うつ病が疑われることになります。
まずはうつ病の自己診断(セルフチェック)をしてみて、必要に応じて早めに受診することが大事です。うつ病は早期発見し、早期治療に取り組めば、それだけ早く改善させることができます。
症状に気付いていながら放置していると、どんどん悪化して治りにくくなってしまうのです。

うつ症状のお悩みは新宿ストレスクリニックへ

「何もしたくない」「心が疲れた」と感じているのであれば、お気軽に新宿ストレスクリニックにご相談ください。
新宿ストレスクリニックでは、ストレス・うつ病の専門クリニックとして、薬に頼らないうつ病治療「磁気刺激治療(TMS)」、脳の血流量の変化パターンによってうつ病を診断サポートする「光トポグラフィー検査」に取り組んでいます。
的確な診断によってうつ病の症状をいち早くつかみ、身体に負担をかけず早期改善を目指しています。

品川本院は夜8時まで、名古屋・梅田院であれば夜7時まで治療を行っていますので、仕事や学校・塾の帰りにでも通院できます。
しかも土日祝日であっても診療可能ですから、安心して治療に取り組むことができます。

身体に優しい新しいうつ病治療
「磁気刺激治療(TMS)」

新宿ストレスクリニックでは、薬に頼らない治療法「磁気刺激治療(TMS)」に取り組んでいます。
一般的な精神科や心療内科においてうつ病治療は、向精神薬や抗うつ薬を用いた治療が中心となっています。
しかし、症状によっては、効果が表れるまでに数週間から数か月必要になる場合もありますので、その間に副作用を引き起こしてしまうリスクもあります。
新宿ストレスクリニックの治療は、「磁気刺激治療(TMS)」で行います。
「磁気刺激治療(TMS)」は、脳に直接磁気刺激を与え、活発化させることによって、うつ病の症状を改善させます。
一回の治療時間は20分程度です。
未成年(12歳以上の中学生から)、高齢者、妊産婦などへの提供も可能な身体に優しい治療法で、副作用もほとんどなく安心して治療に取り組めます。
既に薬の服用をされている方は、「磁気刺激治療(TMS)」を行いながら、減薬や断薬を行っていきます。

短期間の治療が可能です!
薬に頼らない新たなうつ病治療があります!

うつ病の診断サポート
「光トポグラフィー検査」

新宿ストレスクリニックでは「光トポグラフィー検査」を導入しており、うつ病を診断サポートしています。
一般的な精神科や心療内科では、主治医の問診でうつ病の診断を行い、抗精神薬や抗うつ薬を用いた治療が中心です。しかし、問診内容によっては、経過的な投薬の調整が必要となる場合があり、その間に副作用に悩まされてしまうこともあります。
「光トポグラフィー検査」は、脳内の状態を正確に捉えることができ、医師の問診とあわせて、正確なうつ病の診断を可能としています。
うつ病の正確な診断ができれば、いち早く適切な治療に取り組むことができるのです。

状態を正確に知ることが大切です!
うつ病かどうかをグラフデータで診断サポート!

新宿ストレスクリニックは「磁気刺激治療(TMS)」「光トポグラフィー検査」を専門に行なっているクリニックです。
「何もしたくない」「心が疲れた」と日頃感じているのであれば、ぜひお気軽にご相談ください。

ストレスやうつ症状について
ぜひご相談ください!

本 将昂

【監修】本 将昂医師

2011年京都大学医学部卒業。現在、新宿ストレスクリニックの名古屋院院長。それぞれの患者さんにとって何か最善であるかを考え、患者さんfirstの精神で治療を行います。
精神保健指定医 日本精神神経学会認定精神科専門医

■関連リンク

本 将昴医師が在院する新宿ストレスクリニック名古屋院のページはこちら

新宿ストレスクリニックはうつ病かどうかが分かる「光トポグラフィー検査」や薬に頼らない新たなうつ病治療「磁気刺激治療(TMS)」を行っております。
うつ病の状態が悪化する前に、ぜひお気軽にご相談ください。

「何もしたくない」「心が疲れた」と感じているあなたへに関連するコラム記事

その他のうつ病を併発している可能性の高い症状のコラム記事

その他のコラム記事

精神科・心療内科コラムトップへ