マンガで分かる「TMS治療(磁気刺激治療)」

マンガで分かる「TMS治療(磁気刺激治療)」

TMS治療とは

マンガで分かる「TMS治療(磁気刺激治療)」

TMS治療をご存知ですか?
TMS治療は、磁気刺激治療(TMS)と言われ、「うつ病」の新たな治療法になります。
「うつ病」は脳の病気とされており、脳の動きが停滞することでうつ病を発症します。
そこで、脳に磁気で刺激を与えることによって、脳を正常化に戻し、うつ病を改善する治療がTMS治療なのです。
カナダやアメリカ、ヨーロッパなど海外では、新たなうつ病治療として多くの方が受けています。NHKでも何度も取り上げられている話題のうつ病治療です。

マンガで分かる「TMS治療(磁気刺激治療)」

TMS治療について、詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

短期間の治療が可能です!
薬に頼らない新たなうつ病治療があります!

今までのうつ病治療とは

うつ病治療といえば、抗うつ薬などを服用する薬物治療が一般的です。
その他にもカウンセラーのもと治療を行う認知行動療法や重度のうつ病の場合は電気けいれん療法などがあります。

今までのうつ病治療とは 1

しかし、抗うつ薬の場合、副作用の不安や薬漬けの生活の心配などの声がよく聞かれます。
また、抗うつ薬や認知行動療法では長期間に渡る治療が必要となります。
短期間で副作用の少ないうつ病治療として、登場したのがTMS治療なのです。

今までのうつ病治療とは 2

TMS治療の5つの魅力

従来のうつ病治療と比べて、TMS治療が優れている点をご紹介します。

①抗うつ薬より効果が高い!

①抗うつ薬より効果が高い!

抗うつ薬でうつ病治療をしている方が多いかと思いますが、実は約3割の方しか効果がないと言われています。さらに多くの方に副作用があらわれるため、不安に感じる方も多いようです。TMS治療は、約8割の方が改善しています。

①抗うつ薬より効果が高い!

②体に優しいうつ病治療

②体に優しいうつ病治療

TMS治療は抗うつ薬にみられるような副作用がほとんどありません。また、磁気をあてる際にもペンで頭をコツコツされるような感覚で、ほとんど痛くありません。最初は違和感を感じても、治療回数を重ねて慣れてくると寝てしまう方もいるくらい気になりません。リラックスした状態で治療を受けられるのも魅力です。治療の効果を実感できるのは10~20回程度と個人差がありますが、最初続けて回数を行うことが大切なようです。

②体に優しいうつ病治療

③治療期間が短期間

③治療期間が短期間

個人差もありますが、抗うつ薬の服用に比べて、TMS治療は治療期間が1ヶ月半~6ヶ月と短期間の治療が可能です。学校や仕事に通いながら、治療する方も多くいますが、会社を休職中に短期集中で治療を行う方も多く、休職後には元気に復帰しています。

③治療期間が短期間

④ライフスタイルを変えずに治療が可能

④ライフスタイルを変えずに治療が可能

学校や仕事、家事など通常の生活を行いながら、治療を行いたいという方も多く、新宿ストレスクリニックは土日・祝日も診療し、本院は夜8時まで、名古屋院と梅田院は夜7時まで行っています。
したがって、患者さんのライフスタイルに合わせた治療スケジュールを立てることができます。無理なく治療を続けられるところが嬉しいポイントです。

④ライフスタイルを変えずに治療が可能

⑤抗うつ薬の減薬や断薬も可能

⑤抗うつ薬の減薬や断薬も可能

既に抗うつ薬を服用している方は、TMS治療をしながら減薬や断薬を目指せます。
抗うつ薬の長期服用や抗うつ薬の効果がみられない、副作用がつらいといったお悩みの方は、まずはセカンドオピニオンとして新宿ストレスクリニックへ相談してみることをお勧めします。

⑤抗うつ薬の減薬や断薬も可能

TMS治療の専門クリニック
「新宿ストレスクリニック」

新宿ストレスクリニックはTMS治療の専門クリニックとして、2013年6月に開院しました。開院以降、多くの患者さんがTMS治療を受けて元気になっています。
精神科や心療内科でTMS治療を行うクリニックは徐々に増えてきましたが、専門的に行っているクリニックはごく限られます。
新宿ストレスクリニックでは、経験豊富な医師、公認心理師や臨床心理士、専門のスタッフがTMS治療に特化して、日々多くの患者さんの治療にあたっていますので、安心して治療を受けることができます。
また、初回カウンセリングは無料ですので、TMS治療に興味がある場合は、まずはカウンセリングへ行ってみるのも良いでしょう。

※光トポグラフィー検査を希望される場合は別途費用がかかります。

新宿ストレスクリニックは、TMS治療専門のクリニックとして、年々患者数も増えており、ご希望の日時が既に予約で埋まってしまうこともありますので、お早めにご予約いただくことをお勧めします。

ストレスやうつ症状について
ぜひご相談ください!

本 将昂

【監修】本 将昂医師

2011年京都大学医学部卒業。現在、新宿ストレスクリニックの名古屋院院長。それぞれの患者さんにとって何か最善であるかを考え、患者さんfirstの精神で治療を行います。
精神保健指定医 日本精神神経学会認定精神科専門医

■関連リンク

本 将昴医師が在院する新宿ストレスクリニック名古屋院のページはこちら

新宿ストレスクリニックはうつ病かどうかが分かる「光トポグラフィー検査」や薬を使わない新たなうつ病治療「磁気刺激治療(TMS)」を行っております。
うつ病の状態が悪化する前に、ぜひお気軽にご相談ください。

TMS治療(磁気刺激治療)に関連するコラム記事

その他のうつ病を併発している可能性の高い症状のコラム記事

その他のコラム記事