うつ病とチョコレートの関係

うつ病とチョコレートの関係

うつ病とチョコレートの関係とは?

うつ病とチョコレートの関係とは?

ストレスがたまった時、疲れたときなど幸せな気分にしてくれるチョコレート。
実はチョコレートにはうつ病の改善効果もあるようです。
チョコレートにはカカオポリフェノールが含まれており、血圧低下、動脈硬化予防、脳の活性化、美容効果などに効果が期待されています。
ポリフェノールと聞くと、赤ワインや緑茶、コーヒーなどにも含まれていることは有名ですが、カカオ豆が最も植物性食品のなかで、ポリフェノールがたっぷり含まれているといわれています。
また、精神面にも効果があるといわれ、チョコレートを摂取すると脳内の神経の栄養素「BDNF」が上昇し、うつ病や認知症にも有効なようです。
「BDNF」(Brain-derived neurotrophic factor)とは、記憶や学習能力を司る海馬という部位に多く含まれている栄養分であり、脳の活動を支えてくれる脳由来神経栄養因子と呼ばれるたんぱく質の一種といわれています。「BDNF」は、加齢とともに減少する傾向もありますが、チョコレートを摂取することにより、カカオポリフェノールが脳の血流量を増やし、血流の増加によって認知機能を高める可能性があるようです。心身ともに美味しく効果が期待できる食品です。
但し、パニック障害の方は症状を起こしやすくなる作用があるので、摂取には注意してください。このように、全ての方が良い効果になるとは限りません。

チョコレートの過剰摂取は禁物です!

チョコレートを食べ、美味しく健康になれたら本当に素敵ですね。しかし、チョコレートの過剰摂取には身体の健康状態の影響のみならず、精神面での影響もあるようです。
その背景には「うつ病」が隠れていることもあるようです。
チョコレートには精神を安定させる「ギャバ」という物質が含まれているそうで、その「ギャバ」は抗うつ薬に含まれているという意外な結びつきがあるようです。身近な人や自分自身でも最近チョコレートの摂取量が多くなってきていないか一度考えてみましょう。ストレスの多い現代社会、知らず知らずのうちにうつ病を発症していることは少なくはないといえます。ストレスから日頃と少し違う行動や変化に気付いたら、心身のSOSだと思うことも重要であるといえます。
 

チョコレートの過剰摂取は禁物です!

精神を安定させる作用がチョコレートであることは、チョコレート好きにとって驚くべきことでしょう。
また、うつ病かどうかのポイントとしては、「チョコレートを良く食べたがる」です。うつ病の人には食欲増進といった症状も傾向の一つとして、多く上げられているようです。
もし周りやご自身が以前と変わった行動など思い当たることがあれば、うつ病を疑ってみるのも早期発見・治療につながる重要なサインかもしれません。チョコレートにはストレスを緩和する作用もありますが、進行して悪化し、うつ病を発症することも可能性としてありえます。
そうなる前にストレスの根本となる原因は、早めに医療機関で診てもらうことをおすすめします。

チョコレートと同じ効果?
抗うつ薬の危険性!?

チョコレートに関しては依存や肥満などの問題がありますが、抗うつ薬には腹痛・頭痛・嘔吐・めまい・眠気などの副作用も経験することがあるそうです。
また、抗うつ薬は依存性も強く離脱症状で苦しむ方もいます。もちろん、ある程度効果を感じられたら徐々に減薬して改善へ向かいますが、減薬も簡単ではなく、長期間に渡るため、休職など余儀なくされることもあります。
しかし、最近では抗うつ薬で効果が得られなかった人や副作用の抵抗がある方に適した新しい治療方法があります。

薬に頼らない新たな治療方法とは

新宿ストレスクリニックはうつ病・ストレスの新しい治療方法「磁気刺激治療(TMS)」の専門クリニックです。
うつ病は脳の機能低下により引き起こされます。脳に磁気をあてることにより、機能回復を促すことで、うつ病を改善します。副作用もほとんどなく、薬での治療をされていた患者さんでも「磁気刺激治療(TMS)」を受けることで、薬の服用の必要がなくなった方もいらっしゃいます。治療による痛みもほとんどなく、リラックスして受けれますので、お気軽にお問い合わせください。
チョコレートに限らず、何かしらの大量摂取や依存は根本となる原因があることがあります。その原因を探りあて、健やかに人生を過ごしましょう。

新宿ストレスクリニックでは、うつ病かどうかが分かる「光トポグラフィー検査」や薬を使わない新たなストレス・うつ病治療「磁気刺激治療(TMS)」を行っています。
ストレスやうつ病が悪化する前に、ぜひ、ご相談ください。

関連コラム記事

その他のコラム記事