アルコール依存症とうつ病について

アルコール依存症とうつ病について
アルコール依存症とうつ病について
アルコール依存症とうつ病について

お酒を飲むことに、みなさんはどのようなイメージを持っているでしょうか?
友達と過ごす楽しいツール、上司に付き合わないといけない面倒くさい時間、イライラしたときに発散させてくれるものなど、さまざまなイメージがあることでしょう。「飲みニケーション」という言葉もあるように、お酒は心身をリラックスさせ、人との交流をスムーズにさせるものとしてその効果が注目されています。一方で、ストレスを解消するために飲むお酒は悪酔いしやすく、過度な飲酒量や飲酒頻度につながる可能性があります。
アルコールの継続的な大量摂取は、カラダの健康を害すだけでなく、メンタルにも大きな影響を与えてしまう可能性があるのです。

アルコール依存症と
うつ病の関係性について

アルコール依存症とうつ病は、合併しやすい症状です。
発症するパターンはいくつかに分かれており、一次性うつと呼ばれる「うつ病だからアルコールに依存していく場合」と、二次性うつと呼ばれる「アルコール依存によってうつ状態になっていく場合」があります。依存症とうつ病は、影響し合いながら互いの症状を強めてしまうのです。
健康的な精神状態でお酒を飲むと、アルコールによって楽しくなる(ハイテンションになる)のが一般的ですが、うつ状態でアルコールを飲むと、お酒を飲んでいる間は嫌なことを忘れられて、酔いが醒めると気分が落ち込むという状態になりやすくなります。
特にうつ病、パニック障害や社交不安などの「不安障害」、強いショックがフラッシュバックする俗にトラウマと呼ばれる「心的外傷後ストレス障害(PTSD)」などを抱えている人は、お酒に対して慎重になる必要があるでしょう。

【お酒の危険性】

  • 1. アルコール依存症とうつ病や不安障害は合併しやすく、お酒を飲むことで不安が増幅されたり、抑うつ気分を悪化させたりする
  • 2. お酒と抗うつ薬を一緒に飲むと、薬が効き過ぎてしまったり、効果が出にくくなったりする
  • 3. お酒を飲むと衝動的な行動に出やすくなり、自殺のリスクを高める

この他、お酒を飲むと寝つきが良くなる一方で、長時間眠れなくなるなど眠りの質が落ち、結果的に心身のストレスを増加させてしまうこともあります。心に抱えた不安を解消するために飲むたくさんのお酒は、うつ病の発症や現在の症状を進行させてしまう危険性があるのです。
それぞれの危険性について、詳しくご説明しましょう。

アルコール依存症から
うつ病を合併する割合

うつ病の人とうつ病ではない人のアルコール依存症合併率を比較したある研究では、うつ病はアルコール依存症を合併する率が高いことがわかりました。過去にアルコール依存症を患った人の割合は、非うつ病のうち糖尿病患者が16%、高血圧患者が4%だったのに比べて、うつ病の人は19%と高い数値になりました。
さらに、米国で「現在、または過去にアルコール依存症と診断された一般市民」を対象に行われた大規模調査では、調査前1年間に依存症の人がうつ病を発症する比率が27.9%、躁うつ病になる比率は1.9%でした。これは依存症ではない人に比べてうつ病が3.9倍、躁うつ病が6.3倍の比率となり、アルコール依存症の人はうつ病合併の危険性が高いことがわかりました。
万が一、ご自身や大切な家族がアルコール依存症とうつ病を合併してしまったら、アルコール依存症からうつ病を発症した二次性うつなら即座に禁酒し、うつ病によってアルコールに依存してしまう一次性うつなら、期間を決めてお酒をやめてみましょう。アルコールがうつ症状を強く感じさせてしまっている可能性もあるため、お酒をやめるだけで症状が改善していく可能性が高まります。

アルコールと薬は
併用してはいけない?

アルコールと薬は併用してはいけない?
アルコールと薬は併用してはいけない?

実際のところ、薬とお酒の飲み合わせについてはほとんど研究されていません。ですが、抗うつ薬服用中にお酒を飲むことは、いくつかの点において危険だといえます。
薬は水で溶けて、その溶けた成分が吸収されて効果を発揮するようつくられています。しかし、薬をアルコールに溶かすと、化学反応を起こして成分が変化してしまう可能性が高まるのです。これはどんな薬にもいえることですが、「効かせたい症状への効果がなくなるため」同時に服用はNGだといえます。
また、人間は外から入ってきた「毒物」を肝臓で代謝(無毒化)して排出することで、カラダの健康を保っています。この毒物とはカラダにとっての有害なもの(カラダの組織をつくるために必要のないもの)という意味で、排気ガスやたばこなどを筆頭に、薬やお酒も含まれます。特にお酒は肝臓にとって猛毒で、薬の代謝がおろそかになり、抗うつ薬の作用が強くなってしまうことで副作用が強く現れてしまうこともあるでしょう。
また、体内のアルコールを分解しようと酵素の働きが活発になることで、お酒と一緒に薬の成分まで分解されて排出されてしまう可能性もあります。つまり、抗うつ薬の効果が大幅に下がって、薬がまったく効かないというリスクが高まるのです。
薬の効果が低いと、副作用のつらさから逃れるためにさらにお酒を飲み、アルコール依存症を発症するケースもみられます。アルコールの危険性に自ら気づいていても、酔いによって判断力が低下し、お酒を飲んだときの高揚感が癖になって飲酒をやめられなくなり、どんどん飲み続けてしまう……そうした負のスパイラルに陥る可能性があるお酒は、うつ病治療の天敵でしかないのです。

うつ病とアルコール依存症の
自殺の割合

アルコールと薬は併用してはいけない?
アルコールと薬は併用してはいけない?

アルコールと自殺には深い関係があり、うつ病を発症して自殺した人の1/3は直前に飲酒していたことがわかっています。

飲酒した後の自殺

飲酒と自殺の関係性については、日本に限らず海外でも大規模な調査が行われています。その結果、全世界における自殺者のうち平均37%の人にアルコールが検出され、自殺未遂で救急病院に搬送された人の平均40%からアルコールが検出されたそうです*。このように自殺の直前にお酒を飲む人の多さは明らかになっていますが、その理由はアルコールが以下のように気持ちを変化させてしまうかただと考えられています。

*Cherpitel CJ, Borges GL, Wilcox HC. Acute alcohol use and suicidal behavior: A review of the literature. Alcohol Clin Exp Res 28 (5 Suppl): 18S-28S, 2004.

  • お酒により感情のストッパーが効きにくくなり、自分に対する攻撃性が高まる
  • お酒を飲むことで絶望感、孤独感、憂うつ気分が増す
  • お酒によって冷静な判断ができなくなり、自殺をとどまらせる理性が働かない
  • お酒がネガティブな気持ちに拍車をかけ、死にたい願望を行動に移させてしまう

アルコール依存症と自殺

アルコール依存症の人は、依存症ではない人と比較して自殺の危険性が約6倍高いといわれています。特に、うつ病との合併、離婚や別離といった対人関係の精神的ストレス、社会的サポートの欠如、失業、命に関わる病気の発症、独居など、生活環境への不満や不安、悲しみなどをお酒で解消しようとすると、自殺願望を誘発させてしまう可能性が高まります。
また、アルコールの乱用そのものも、感情のコントロールができにくくなるため、自殺の危険性を高めるといえるでしょう。一方、自殺者にうつ病が多いことは有名ですが、うつ病の次に自殺頻度が高いとされているのが依存症といわれています。過去の多い時は、56%にアルコールの大量摂取、または依存が見られたとの報告もありました。

精神科・心療内科の
専門家に相談しましょう

嫌なことや辛いことを忘れるためにお酒に頼ってしまう、そんなときは誰だってあります。ですが、やめたいと思っているのにやめられないアルコールの大量摂取は、うつ病の症状がそうさせてしまっているかもしれません。

  • お酒を飲まずにはいられない
  • お酒を飲んでいる間だけは生きている喜びを味わえる
  • アルコールが抜けると気分の落ち込みが激しい

このような症状が続く場合は、精神科や心療内科で一度相談してみましょう。うつ病は風邪などと違って、時間が経っても回復しません。一刻も早く治療をスタートさせることと、専門的な治療をきちんと受けることで症状が緩和されていきます。

うつ病の自己診断

約30秒でできるうつ病の自己診断です。
うつ病の治療は、患者さん自身も現状の理解と把握が必要です。現状の状態を把握し、精神科・心療内科へ受診することが治療への第一歩です。
うつ病は軽度から徐々に悪化していきます。重度になってしまうと体が動かなくなったり、自殺を考えてしまったりします。少しでも心配や不安を感じたら精神科・心療内科へ受診することをおすすめします。

新宿ストレスクリニックでは、患者さんのお話しに耳を傾け、患者さんに安心感を持ってもらえるように院内環境を整えています。まずは、お一人で悩まず、抱えた辛さをお話しにいらしてください。

ストレスやうつ症状について
せひご相談ください!

薬を使わない
新しいうつ病治療とは

うつ病にかかると生活リズムが崩れやすく、その乱れた生活がうつ病をさらに悪化させてしまうこともあります。うつ病によって崩れてしまった生活のリズムを整えていくために必要なのは「日光」「食事」「睡眠」の3要素です。身体面と精神面は繋がっています。まずは体の健康を考えた生活をすることで自律神経を整え、精神面でもポジティブな変化を感じていけるでしょう。
その上で、「心身への負担が少ない治療」を「継続していくこと」が、うつ病の根本的な回復には重要だといえます。

薬に依存しない新しいうつ病治療
「磁気刺激治療(TMS)」

新宿ストレスクリニックは、新たしいうつ病治療として注目されている「磁気刺激治療(TMS)」の専門クリニックです。
うつ病は心の病ではなく「脳の病」といわれており、磁気刺激治療(TMS)は磁気を当てることで脳の機能を回復させていく治療法です。「電気けいれん療法」と混同されがちですが、治療内容はまったく別ものです。電気けいれん療法は全身に電気を流すため副作用が強く、治療前後に入院を必要としましたが、新宿ストレスクリニックで行う、磁気刺激治療(TMS)はほとんど副作用がなく、治療後すぐにご帰宅いただけます。治療期間も約1ヶ月半~6ヶ月と短い期間で集中的に治療を行うことができ、症状改善の効果にも期待できます。
実際に、新宿ストレスクリニックで行われた治療では、これまで約8割の方に効果が見られています。

短期間の治療が可能です!
薬に頼らない新たなうつ病治療があります!

うつ病かどうかが分かる
「光トポグラフィー検査」

新宿ストレスクリニックでは、うつ病かどうかがグラフデータで分かる光トポグラフィー検査を導入しています。
光トポグラフィー検査は、厚生労働省認可の検査であり、うつ病の他に、双極性障害(躁ううつ病)・統合失調症・健常を客観的なグラフデータで現します。
一般的なうつ病の診断は、医師の主観のみで行うことが多く、誤診も少なくはありません。新宿ストレスクリニックでは、患者さんに安心感を持って、診断を受けてもらうために、光トポグラフィー検査の結果と医師の問診を併せた診断を行います。
より正確な診断で現在の状況を知ることが可能です。
うつ病かな?と思ったら、まずはお気軽にお問い合わせください。

状態を正確に知ることが大切です!
うつ病かどうかをグラフデータで診断サポート!

薬物療法は薬の副作用に悩まされたり、治療期間が長くなったりしやすいことから、お酒を飲んでストレスを忘れようとする傾向が多くみられます。しかし、お酒を飲むことで薬の効きが悪くなることもあれば、強く効きすぎてつらい副作用に悩まされることもあります。アルコールと薬の併用を避けるためにも、薬に頼らない磁気刺激治療のような治療を選択肢のひとつとすることは、うつ病をより早く回復させるためにも大切です。
アルコールへの依存やうつ症状を自覚したら、新宿ストレスクリニックで受けられる、心身への負担が少ない治療も検討してみてください。

【参考サイト】

本 将昂

【監修】本 将昂医師

2011年京都大学医学部卒業。現在、新宿ストレスクリニックの名古屋院院長。それぞれの患者さんにとって何か最善であるかを考え、患者さんfirstの精神で治療を行います。
精神保健指定医 日本精神神経学会認定精神科専門医

■関連リンク

本 将昴医師が在院する新宿ストレスクリニック名古屋院のページはこちら

新宿ストレスクリニックでは、うつ病かどうかが分かる「光トポグラフィー検査」や薬を使わない新たなうつ病治療「磁気刺激治療(TMS)」を行っております。
うつ病の状態が悪化する前に、ぜひお気軽にご相談ください。

アルコール依存症とうつ病についてに関連するコラム記事

その他のうつ病を併発している可能性の高い症状のコラム記事

その他のコラム記事