パキシル
(パロキセチン)

パキシル(パロキセチン)

パキシル(英語:Paxil)の
主な特徴

効果    低 ★★★★☆ 高
副作用   少 ★★★★☆ 多

* 上記の評価は、監修医師の主観を含む参考値です。

“抗不安作用を併せもつ、
比較的強力、中断症状群に注意”

※南江堂「今日の治療薬2018年」参照

SSRIの中では比較的、薬の切れ味はよいです。
その代り、中断症状群が生じやすく、薬がなかなか止めづらい特徴があります。

パキシルはどんな薬?

SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)に分類され、有効成分はパロキセチンです。うつ病、うつ状態、強迫性障害、パニック障害、社会不安障害、外傷後ストレス障害などに効果がある薬です。

この薬は、即効性を期待する薬ではないので、飲みはじめはすぐに効果は現れません。
作用機序は、毎日飲み続けると、脳内に作用し、脳内の神経伝達物質をつかさどるセロトニンの働きを増強させ、脳内の神経伝達をスムーズにし、抑うつ気分や不安・緊張を和らげます。

他にもパキシルは、やる気が出ない(無気力・意欲の低下)・悲観的になる・憂鬱・眠れない・集中できないなどといった気分が晴れずに落ち込む症状を改善し、気持ちが前向きになることを助けます。

ノルアドレナリンの効果もわずかながらあり、薬が少量でも血中濃度が立ち上がりやすく、作用時間が長くなり、切れ味の良さにつながっていて、効果の実感が得られやすい薬です。パキシルの半減期は14時間、最高血中濃度到達時間は4~5時間ですので、1日1回の服用で効果は持続します。
薬の血中濃度は、飲み続けていくことで安定し、およそ半減期の4~5倍の時間で安定するといわれ、3~5日かかります。

また、パキシルは女性特有の生理前の気分の不安定さにも使われることがあります。
月経前緊張症(PMS)、精神的な不安定さが強い月経前気分不快症(PMDD)などの軽度なものから摂食障害などに効果が期待できます。

副作用は他のSSRIの薬に比べて強めで、離脱症状も起きやすく、減薬を試みてもなかなか離脱できないという特徴があります。
また、強い眠気が起こる副作用がありますので、服用後は自転車や自動車の運転は控えましょう。

長期投与・服用については、年齢と症状により1日10mgより開始し、1週間毎に10mg/日増量し、1カ月以上かけて、40mg/日まで増量することが多いです。 海外では60mgまで使うことができるお薬です。日本では40mgまで増量できるので、海外に近い用量で服用できる薬です。 初発症例でも年単位で内服を維持する必要がありますが、パキシルが効いてきて(効果発現)、症状が安定すれば、適宜増減し、終了も可能です。2回、3回と再燃を繰り返すケースでは、さらに長期の内服継続が必要となります。

  • <メリット>

    ・比較的強力とされる
    ・さまざまな不安障害に適応する
    ・パキシル錠とパキシルCR錠がある
    ・パキシル錠は、薬価がリーゾナブルなジェネリック(後発品)のパロキセチンが販売されている

  • <デメリット>

    ・胃腸障害が多い(嘔気等)
    ・男性では性機能障害が多い
    ・離脱症状が起きやすい(不眠・めまい・発汗・吐き気・シャンピリ感・ふるえ)

パキシルの基本情報

パキシルについて詳しい情報は、下記をクリックの上ご覧ください。
なお、パキシル以外のSSRIの薬として、他にもレクサプロジェイゾロフトデプロメールルボックスがあります。

パキシルの基本情報

うつを治すなら診療をオススメします

パキシルについてのQ&A

パキシルが効かないのですが、くすりが合わないのでしょうか?
薬を初めは少量から処方し、副作用が出ないことを見定め、必要な人には少しずつ、増やしていく、このように薬を調整していく精神科医師が多いと思います。
一定量のある薬に効き目があるかどうか確かめるために数週間はかかります。合う薬が見つかるまで数ヶ月かかる場合も時々あります。慣れるまでに時間がかかりますが、自己判断で服用はやめたりせずに、必要であれば他剤への切り替えもありますので、必ず主治医に相談しましょう。
パキシルを服用中、アルコールのお酒は飲めますか?
飲酒は避けることが望ましいです。パキシルとの相互作用は認められていませんが、他の抗うつ剤で作用の増強が報告されています。
パキシルを服用したら、痩せますか?それとも、太りますか?
飲み始めの数ヶ月は、胃腸障害の副作用も重なって痩せることが多くみられます。
また、パキシルの服用を一定期間続けると、セロトニンによる代謝抑制により、体重増加の副作用がみられることもあります。太る、太らないをよく気にする方もいますが、食欲が出てきたことで良い方向に向いていることもあります。
ただし、急に過食が発作的に認められる方もいますので、服用前と違う症状が現れたら、早めに医師に相談しましょう。
急激な体重減少・増加があった場合は、主治医に相談してください。
パキシルを服用するとEDになるってホントですか?
パキシルは、男性の性欲低下・勃起障害・オーガズム障害がみられることが多いです。
特に性欲・欲望、性的興奮、絶頂といった反応が起こらなくなり、悩まれている方が多いです。ご状態によって、様子を見たり、減薬したり、飲み方を工夫したり、他の薬に変更・追加したりします。
パキシルは妊娠、授乳に影響がありますか?
後遺症が残るたぐいの抗うつ薬ではないので、産婦人科の医師に必ず伝えれば過度に心配することはないでしょう。しかし、一方で先天性異常が増加する報告もありますので、結論ははっきりしていません。妊娠をお考えの場合は控えた方がいいでしょう。まずは、必ず産婦人科の医師と薬の処方を受けた病院やクリニックに伝えましょう。
パキシルを自己判断でやめてもいいですか?
パキシルに限らず、抗うつ薬を自己判断での中断や断薬は危険を伴います。
抗うつ薬中断症候群という断薬や服用量の減量時に生じる症状が出る場合があります。
また、決められた用量を服用していたのに体が薬に慣れてしまい、中断や減薬をした際にふらつきやめまいなど、服用前にはなかった症状が出た場合は、常用量依存性(身体依存が形成されいる状態)が考えられます。いずれにしても、自己判断でやめる(中断、減薬、断薬)ことは、危険を伴いますので、必ず専門の医師に相談をしてください。
パキシルは離脱症状が起きますか?
パキシルは他の抗うつ薬のなかでも離脱症状が起きやすいといわれます。
パキシルを増量すると血中濃度推移が一気に上がります。逆に減量すると一気に血中濃度推移が低下してしまいます。パキシルは濃度の上がり方に特徴があり独特といわれます。
そのため、長期間服用してから急に減量してしまうと、さまざまな不調を引き起こします。離脱症状といえる具体的な症状としては、しびれ・めまい・だるさ・頭痛・耳鳴り・吐き気やイライラ・ソワソワ感(落ち着かない)・不眠・不安、シャンピリ感などがあげられます。
これらの症状が出てきた場合は、必要に応じて抗不安薬(精神安定剤)など頓服を併用すると緩和する場合もあるので、早めに医師に相談しましょう。
薬物療養中は仕事を休まないといけませんか?
うつ病などの精神疾患は休養も大切ですが、決して休まないといけないというわけでもありません。重症度や副作用などの症状にもよりますが、学校や勤務先が受け入れる環境が整っている場合は、薬物療法を服用しながらも今までの社会生活を維持することを推奨します。休学や休職は経済面にも影響を及ぼす場合もあります。
副作用の症状を緩和する治療方法なども医療の研究の開発で発達していますので、自分自身に合った治療法を選択することも可能です。

薬で改善しない方へ

パキシル服用者の声

ツイッターではパキシルを服用されている方が多くつぶやいています。効果があった方もない方もつぶやいていますので、やはり効果には個人差があるようです。

薬の服用が不安な方は
薬に頼らない選択肢があります!

薬に対する抵抗や薬の副作用に苦しむ方にこそ、効果が期待できる新たな治療法があります。それは磁気刺激治療(TMS)です。
磁気刺激治療(TMS)は、機能低下した脳に磁気刺激を与えることにより、脳の動きを回復させることで、ストレスやうつ病を改善する治療です。
うつ病は「脳の病気」といわれており、脳の働きを回復させることにより、改善に向かいます。治療期間は、個人差もございますが、1ヶ月半~6ヶ月で副作用もほとんどなく、リラックスして受けられる治療です。長期間うつ病で苦しんでいた方が短期間で改善する可能性が高い治療です。
磁気刺激治療(TMS)の専門クリニックとして、新宿ストレスクリニックがあります。
薬の服用を開始するにあたって不安な方はぜひ当院へご相談ください。
また薬の副作用で悩んでいる方、なかなか薬の効果が実感できない方などはセカンドオピニオンとしてお気軽にお問い合わせください。

渡邊 真也

【監修】渡邊真也医師

2008年大分大学医学部卒業。現在、新宿ストレスクリニックの統括院長・本院院長兼務。患者様を大切にし、安心できる医療を一番に考えており、正確な診断、適切な治療方針の提供。精神保健指定医

新宿ストレスクリニックでは、うつ病かどうかが分かる「光トポグラフィー検査」や薬を使わない新たなうつ病治療「磁気刺激治療(TMS)」を行っております。
抗うつ薬でご不安な方は、ぜひお気軽にご相談ください。

関連コラム記事

その他のコラム記事