PMS・PMDD

PMS・PMDD

生理前のつらい症状に
悩まされている方へ

生理前のつらい症状に悩まされている方へ

イライラして暴言を吐きそうになったり、死にたくなったり。そうでなくても生理前つらい方、新宿ストレスクリニックではPMSとPMDDの症状や悩み・治療法など気になることのご相談を受付けております。
ご自身のためにも以下をご覧いただき、少しでも気になることがございましたら、どうぞお気軽にご相談ください。

PMS(月経前症候群)と
PMDD(月経前不快気分障害)の
主な特徴

典型的なPMSの主な症状は、頭痛・便秘・イライラ・耐え難い眠気、女性でいることが嫌になるなど身体と精神に様々な不調に悩まされます。
一方PMDDはPMSでの症状が非常に強く出ることが特徴になり、生理前になると暴力的、攻撃的になり日常生活に支障をきたすレベルまで精神状態が悪化します。また、症状の期間も異なります。
PMSは生理直前から先の述べた症状があらわれます。一方、PMDDはツライ精神状態が非常に強く、個人差はあるものの、一般的には生理の1週間前、時には2週間前から始まります。症状が現れる期間が長く、場合によっては自殺願望や、自傷行為、会社に出社できないほどの重い症状が続くことがあります。

PMDD(月経前不快気分障害)は
うつ病の一種

PMDD(月経前不快気分障害)はうつ病の一種

アメリカ精神医学会の診断基準ではうつ病の一種として認められているPMDD。
強い精神的不安を表し、暴力的な行動に出ることや、重度のうつ状態から自殺願望まで抱いてしまうことまであります。主に精神的な症状が強いPMS患者のことをPMDDと診断します。
PMDDは「期間限定のうつ病」とも言われますが、何度も繰り返しておこる抑うつ気分があれば、重度のうつ病にもなりかねません。
精神的な症状の軽減は、当院で行っています。早めの発見・治療がより早い解決方法になるでしょう。

こんな方が受診しています。

  • ・生理前になると抗うつ薬を服用しているが、改善しない
  • ・生理前になると気分がとても落ち込む
  • ・生理前になるとイライラして人にあたってしまい、その後激しい自己嫌悪に陥る
  • ・低用量ピルやホルモン剤を飲まないで、精神的な症状を改善させたい
  • セカンドオピニオンのご相談も可能です。
  • PMS・PMDDの症状や悩み・治療法など気になっていることをお気軽にご相談ください。
  • 薬を使わない治療を行っておりますので、新宿ストレスクリニックではピルの処方は行っておりません。

当院では、身体に負担をかけない新たなストレス治療、「磁気刺激治療(TMS)」を行っています。リラックスして治療を受けられますので、新宿ストレスクリニックでストレスをコントロールしていきましょう。

関連コラム記事

その他のコラム記事