適応障害

適応障害

うつ病などの前段階の可能性が
ある疾患

うつ病などの前段階の可能性がある疾患

適応障害とは、その人にとってある特定の状況や出来事がとてもつらく耐えがたく感じられ、そのために気分や行動面に症状が現れるものです。
たとえば不安感が強くなり、涙もろくなったり、過剰に心配したり、神経が過敏になります。また、無断欠席や欠勤、無謀な運転や喧嘩、物を壊すなどの行動面でも症状がみられます。
適応障害の主な原因は、ストレスにより引き起こされることがあります。
そのストレスから離れると次第に改善しますが、どうしても取り除けない、離れられない状況では、症状が悪化することもあります。悪化してしまうと、うつ病などの重篤な疾患に侵される可能性もあります。
適応障害と診断されても、5年後には40%以上がうつ病などの診断名に変更されています。
長く苦しまないためにも、早期発見・治療が大切です。
こころの病気も身体の不調と同じように、軽度の状態から改善されていくことをお薦めします。

適応障害の判断基準

普段、以下のような情緒面と行動面が現れて、現在の環境や出来事が耐えられないと感じることがありますか?

  • ・情緒面の症状

    抑うつ気分、不安、怒り、焦りや緊張など

  • ・行動面の症状

    行きすぎた飲酒や暴食、無断欠席、無謀な運転や喧嘩など

  • ・身体面の症状

    緊張して手が震えたり、汗をかいたり、めまいなど

上記の症状があっても、休みの日は憂うつ気分が楽になったり、趣味を楽しむことができるようになります。しかし、うつ病の場合は環境が変わっても気分は晴れず、何も楽しめなくなります。適応障害とうつ病は違います。判断基準の症状に加え、2週間以上、興味・関心の喪失や食欲が低下したり、不眠が続く場合はうつ病と診断される可能性が高くなります。

治療はストレス要因を取り除くことが基本です。

もし、現在のストレスが職場でのストレスが原因と考えられるのであれば、休息とともにリズムを取り戻すことが必要です。
新宿ストレスクリニックでは、症状が悪化する前に、検査をすることをおすすめしています。結果により、最適な提案でストレス耐性や適応力を高めることに取組むことをサポートします。

関連コラム記事

その他のコラム記事